国際運転免許なしに日本の運転免許で運転できる国

国際運転免許証は、免許証ではない!?

国際運転免許証

ジュネーブ条約を批准している国同士では、お互いの国の運転免許を認め合う意味から、国際運転免許証があればその国で運転ができます。

ここで注意したいのが、国際運転免許証は英語でINTERNATIONAL DRIVING PERMIT(IDP)と明記されており、正確には免許証(license)ではなく、許可証(permit)であるということ。

つまり、国際運転免許証だけ持って運転はできないのです。日本の運転免許証とパスポートを携帯することで、初めて国際運転免許証が有効になります。

余談ですが、大手レンタカー会社のハーツでは、”運転免許証翻訳フォーム”をオンラインで発行していて、ハーツの貸し出しカウンターのある14の国では、国際運転免許証無しにレンタカーを借り受けることができます。

国際運転免許証なしに運転ができる国

ハワイ

日本人観光客が多いハワイ、グアム、そしてサイパン、そしてスイスでは、便宜を図るための処置で国際運転免許証なしに運転が可能となっています。

もっとも日本人観光客が多く、レンタカーなどを利用する機会の多いハワイでは、入国後1年以内に限り,日本の自動車運転免許証だけで運転できるとされています。

またアメリカのカリフォルニア州は、州法で規定されています。国際運転免許証(IDP)を有効な運転免許証としておらず、居住国で発行された運転免許証が必要とされています。つまり、国際運転免許証は免許証の翻訳にすぎないので、日本の免許証を所持していれば運転できます。

ちなみにハワイの例なのですが、領事館では、ハワイ州内の警察等に対して,日本の運転免許証の解説書(英語版)を送付するなどしているそうですが、警官にそれが行き届かず、事故や違反の際に無免許運転とされるケースもあるそうです。

また、なにかトラブルに巻き込まれたり、検問で停められることもありますから、運転免許証とパスポートのほかに、国際運転免許証または免許証の翻訳されたフォームを携行すると良いですね。

●在ホノルル日本国総領事館HPはこちら
●カルフォルニア州運転免許証情報サイトはこちら

国際免許証の申請方法

国際免許証の申請をするには、申請する本人が住まいの地域を管轄する、運転免許試験場、運転免許更新センター、または指定警察署で行えます。申請に必要なのは、運転免許証、写真1枚(5×4㎝)、パスポートがあれば申請できます。手数料は2,400円です。

また、以前に国際免許証を持っていて、新たに申請するときは、返納しないと、新たな国外運転免許証が交付できない場合があるので注意しましょう。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives