【ソファーシートも快適!?】フリードの7人乗り2列目シート画像レビュー

ホンダ フリード 2017

コンパクトなボディを最大限に活かした使い勝手の良さが人気のフリード。使い勝手がさらによくなったこの2代目モデルですが、2列目シートのデザインや乗車人数が異なる6人乗りと7人乗りの2つのモデルを用意しています。

先日、2列目シートがソファーシートタイプになっているホンダ新型フリードの7人乗りモデルを見る事ができたのですが、この7人乗りモデルも思った以上に良かったです。

そんなホンダフリード(Freed)の7人乗りモデルの2列目シートのメリット・良かった部分など、実際に私が撮ってきた写真・画像を使って紹介したいと思います。
2018/1/24

Chapter
7人乗りフリードの2列目シート:デザインを徹底レビュー
シエンタよりも使い勝手は良い!?
7人乗りモデルの2列目シートのスライド幅も大きい
7人乗りモデルのみ!ソファーシートを折り畳めるタンデムホールディング機能
7人乗りフリードの2列目シートの座り心地はどうだった?

7人乗りフリードの2列目シート:デザインを徹底レビュー

フリード(Freed)の7人乗りモデルの2列目シートは、このようなデザインになっています。

独立キャプテンシートをに採用されている6人乗りモデルと異なり、7人乗りモデルは、ソファーシートを採用。

このフリード(Freed)のソファーシートに大人3人が座ると少し窮屈そうな感じがしましたが、子供3人が座るには十分なサイズを確保。子供の人数が多い、大家族のご家庭には2列目シートに3人座れる7人乗りモデルは、ピッタリなのかなと思いました。


シエンタよりも使い勝手は良い!?

フリード(Freed)の7人乗りモデルの2列目シートを見て良いと思ったのは、シートのデザイン。

競合車・ライバル車のトヨタのコンパクトカー、シエンタ(SIENTA)の7人乗りソファーシートは、3列目シートの収納方法の影響からか境目がシート中央にある5対5分割方式を採用。

■シエンタの7人乗りシート

なので、シート中央部分の座り心地はあまり良くありません。また、アームレストも装備されていません。

一方、ホンダのコンパクトミニバン、フリード(Freed)の2列目シートは、トヨタのシエンタ(SIENTA)と異なり、6対4分割方式を採用。

なので、シート中央部分の座り心地は、シエンタよりも快適。また、シート中央部分の背もたれには、引き出し式のアームレストも用意。

このようにアームレストも大きく、また、高さもちょうど良いので、使い勝手も抜群。

7人乗りモデルでは同じソファーシートを採用しているフリード(Freed)と競合車のトヨタのシエンタ(SIENTA)ですが、座り心地・使い勝手は、フリードの方が良いと感じました。
試乗に同行したディーラーさんは、「後部座席の座り心地や快適性はシエンタに決して負けていない。」と言っていましたが、座る人の事をしっかりと考えて作られたホンダの新型フリード(Freed)の2列目ソファーシートは、競合車よりも優れているメリットの一つと思いました。

<次のページに続く>
次ページ
7人乗りモデルの2列目シートのスライド幅も大きい