ダイハツ 初代ムーヴキャンバス(LA800S/LA810S型)の11のグレードを徹底比較!カスタムにおすすめのグレードはこれだ!!

ダイハツ・初代ムーヴキャンバス

ダイハツを代表する軽自動車であるダイハツ ムーヴの派生車種として2016年に登場したダイハツ 初代ムーヴキャンバス(LA800S/LA810S型)。軽自動車市場のなかでも女性をターゲットとして開発。

丸みを帯びたエクステリア’(外装)や使いやすさに配慮されたインテリア(内装)から人気を集めています。今回は、そんな初代ムーヴキャンバスの各グレードについて紹介していきます。

Chapter
ダイハツ 初代ムーヴキャンバス L"SA III"【価格:127万6,000円~】
ダイハツ 初代ムーヴキャンバス X"SA III"【価格:143万円~】
ダイハツ 初代ムーヴキャンバス G"SA III"【価格:151万8,000円~】
ダイハツ 初代ムーヴキャンバス X"ブラックアクセント リミテッド SA III"【価格:150万7,000円~】
ダイハツ 初代ムーヴキャンバス G"ブラックアクセント リミテッド SA III"【価格:158万4,000円~】
ダイハツ 初代ムーヴキャンバス X"ホワイトアクセント リミテッド SA III"【価格:150万7,000円~】
ダイハツ 初代ムーヴキャンバス G"ホワイトアクセント リミテッド SA III"【価格:158万4,000円~】
ダイハツ 初代ムーヴキャンバス X"ブラックインテリア リミテッド SA III"【価格:150万7,000円~】
ダイハツ 初代ムーヴキャンバス G"ブラックインテリア リミテッド SA III"【価格:158万4,000円~】
ダイハツ 初代ムーヴキャンバス X"メイクアップ リミテッド SA III"【価格:150万7,000円~】
ダイハツ 初代ムーヴキャンバス G"メイクアップ リミテッド SA III"【価格:158万4,000円~】

ダイハツ 初代ムーヴキャンバス L"SA III"【価格:127万6,000円~】

ダイハツ 初代ムーヴキャンバスのエントリーグレードに位置づけられたモデルが「L"SA III"」です。

エントリーグレードではあるものの、他の上級グレードと同様にダイハツ独自の安全装備である「スマートアシスト III」を標準装備。クルマや歩行者に対応した衝突回避支援ブレーキ機能や衝突警報機能、車線逸脱警報、前後方の誤発進抑制機能などが備わりクルマを運転する上で心強い存在となっています。

また、エンジンスペックやトランスミッションは他のグレードと変わらず、駆動方式も2WD(前輪駆動)と4WD(4輪駆動)がラインナップされており、価格の低さや装備のシンプルさをメリットに自分でカスタマイズを楽しみたい場合には最適のグレードと言えるでしょう。

価格は全グレード中もっとも低く、2WDが127万6,000円、4WDが140万2,500円となっています。

ダイハツ 初代ムーヴキャンバス X"SA III"【価格:143万円~】

「X"SA III"」は、ダイハツ 初代ムーヴキャンバスのスタンダードグレードにあたるモデルです。

「L"SA III"」では省略されていた運転席シートヒーターチルトステアリングなどの快適装備が標準装備され、リヤシート(後席)のドアは両側にワンタッチオープン機能を持つパワースライドドアを採用しています。エアコンもプッシュ式のオートエアコンとなり、スタンダードグレードにふさわしく基本的な装備が充実しています。

また、フロント、サイド、バックカメラやステアリングスイッチ、16cmリヤスピーカーなどのモニターやオーディオシステムを含んだ「パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック」が装備可能となり、下位グレードにはないオプションが設定されている点も見逃せません。

価格は2WDが143万円、4WDが155万6,500円で、「L"SA III"」に比べて2WDと4WDでそれぞれ15万4,000円高くなっています。

<次のページに続く>
次ページ
ダイハツ 初代ムーヴキャンバス G"SA III"【価格:151万8,000円~】

吉田 恒道

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道