欧米で販売台数を伸ばしている韓国メーカー。2017年に韓国内で一番売れた車は?

韓国の新車販売事情

ヒュンダイ サンタフェ

韓国の乗用車メーカーは、ヒュンダイ、キア、韓国GM、サンヨン(双竜)、ルノーサムスンの5つ。商用車は、ヒュンダイとタタデーウ(大宇)があります。

2017年に乗用車メーカー5社が国内販売した新車は、155万80台。内訳は、ヒュンダイ68万8,939台、キア52万1,550台、韓国GM13万2,377台、サンヨン10万6,677台、ルノーサムスン10万537台です。ヒュンダイとキアは、同じグループなので、ヒュンダイグループだけで8割の販売シェアを占めます。

一方輸入車は、23万3,088台で、トップ5はメルセデス・ベンツ6万8,681台、次がBMW5万9,624台、レクサス1万2,603台、トヨタ1万1,698台、ランドローバー1万704台と続きます。ドイツ勢が強く、売れていると評判の日本車を寄せ付けません。

韓国車と輸入車を合計した178万3,168台が、2017年に韓国で販売されたほぼ全新車台数と考えることができ、韓国の新車マーケットは年間180万台規模で、日本市場のほぼ7割です。韓国の人口は2016年度で5,125万人と日本の人口の半分以下なので、日本よりも自動車の購買意欲が高いと考えられます。

では、そんな韓国で2017年にもっとも売れた車種はなんでしょうか?

次ページ韓国の2017年新車販売台数ベスト3

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives