フロントガラスやリアガラスに、ステッカーって貼っていいの?

フロントガラスに貼り付けて良いもの

車検ステッカー

日本における乗用車の保安基準を規定する法律が、道路運送車両法です。同法により定められた内容を遵守しなければ、保安規準を満たしていないとされ、車検に通らず公道を走行することはできません。だからと言って車検時だけノーマルに戻し、その後違反状態で常用するのは言語道断です。

同法の保安基準第29条第4項および細目告示第195条第5項に定められている、自動車のフロントガラス、フロントサイドガラスに貼ってよいものは、次の通りです。

①整備命令標章
②臨時検査合格標章
③検査標章
④保安基準適合標章(中央点線から二つ折りとなる様式限定)
⑤自動車損害賠償保障法の保険標章、共済標章、保険・共済除外標章
⑥道路交通法第63条第4項の標章(警察官に故障車と認定された場合に貼られるステッカー)
⑦車室内に備える貼り付け式の後写鏡及び後方等確認装置
⑧VICS通信機、アクティブセーフティー用カメラなどの機材、ドライブレコーダー、エアコンやヘッドライトのセンサーなど

※⑤は車検対象外の自動二輪が自賠責に加入した際にもらうステッカーのこと。自動車では原付自動車が該当します。

こうして見ると、フロント周りのガラスは聖域。法律で厳しく制限されるアンタッチャブルゾーンと言え、ユーザーがステッカー類を貼る余地はありません。愛車のフロントガラスおよびフロントサイドガラスにステッカー類を貼るのは、NGです。

フロントガラスに貼り付けNGの理由

フロントガラス

フロントガラスに貼り付け可能なステッカー類は、法的に認められたものばかり。これはどうしてなのでしょうか。

道路運送車両法では、フロント周りのガラスには光の透過率と視界の確保が定められています。光の透過率は、ガラスにフィルムなどを貼った状態でも70%以上を確保できる透明のもの。

視界の確保は、ステッカー類を貼ることで運転者自身の視界が遮られ、ステッカーがなければ見通せたはずの場所からバイクや自転車が飛び出してきた、などという事態も想定できます。

では、リア周りのガラスは?ステッカーを貼っても良いのでしょうか?

次ページリア周りのガラスにステッカーを貼っても良いのか?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives