ワイパーの寿命、気にしたことはありますか?交換サイクルは?

ワイパーの交換サイクルは?

ワイパー

ワイパーの交換というと、一般的にはワイパーブレードもしくはゴムだけの交換を意味します。

まずワイパーゴムは、紫外線、ガラスについたゴミやホコリ、アームとブレードによって押し付けられる力などによって、劣化します。

その寿命は意外と早く、メーカーでは1年毎の交換を推奨しています。しかし車両の保管状況やワイパーの使用頻度によっても変わってくるため、降雨量の多い梅雨明けと降雪量の多い冬の終わりの年2回、約半年ごとに交換するのが、筆者はベストだと考えます。

そしてワイパーゴムを支えるワイパーブレードは、半永久的に使えるイメージもありますが、長期間の使用や降雪などにより、変形することがあります。ワイパーブレードが変形すると、ガラスにゴムを均等に押し付けることができなくなるため、クリアな前方視界の確保に影響が出ます。

ワイパーゴムと一緒に半年に1度交換できればベストですが、年に1度の車両点検時に交換でもいいでしょう。どんなに遅くとも継続車検時には保安項目となるので、2年に1度は交換する部品です。

ワイパーが劣化すると…

ワイパーゴムやワイパーブレードが劣化すると、拭き残しが多くできるようになります。また、ワイパーがスムーズに動かなくなり、引っかかるような動きを見せたり、ビビリ音の原因になることがあります。

これらの症状に気づかず、放置してゴムが削れたり切れたりすると、最悪の場合はフロントガラスに傷を付けることになってしまい、ウインドウ交換の必要が出てきます。

ワイパーを半年に1度定期的に交換するのは、クリアな前方視界を常に確保し、重大事故の発生を防ぐためですが、放置するとウインドウ交換という大きな出費につながることを覚えておきましょう。

では、ワイパーの交換とは具体的にどのように手順になるのでしょうか?

次ページワイパーの交換方法は?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives