あまり知られていない「ブッシュ交換」…その効果とは?

ブッシュ交換とは?

フロントロアアーム ピロボールブッシュ

ブッシュは、おもにサスペンションアームの可動部に付いているゴム製パーツのことです。

サスペンションのスプリングとダンパーは、路面から伝わる振動を吸収するパーツですが、ブッシュにも振動を緩和する働きがあります。

簡単に説明すると、ブッシュはアームやスタビライザー、ダンパーの取り付け部に使用されています。

ゴム製のパーツなので、入力があればたわみや歪みが生まれますが、一般的な市販車ではそれを積極的に利用することで、乗り心地とハンドリングを決定しています。

チューニングパーツでウレタンブッシュというものがありますが、これはゴムのたわみや歪みを嫌ってダイレクトな操作感を求める際に使います。

アームが動くたび、走行している間中、ブッシュは仕事をしています。ところがゴムでできているため、劣化してヒビが入ってしまうこともあるので、定期的に交換したほうが良いとされています。

なかには、ダンパーのブッシュがへたったことで、車両が下がるなんて車種もあります。

たかがゴムパーツとはいえなくてはならないのです。ただ、車を所有している方の中でも、交換しているオーナーは少ないと思われます。

交換が必要だとすれば、どれくらいの頻度で必要なのでしょうか。

ブッシュの交換は10万km目安?

STI製ピロボールブッシュリヤサスペンションリンク

ブッシュの交換の目安は、10万kmとされています。

10万kmも乗らないで手放すユーザーも多いため、聞きなれないのも当然といえば当然ですね。

ブッシュは、。前述のようにハンドリングやサスの動き、乗り心地に影響します。鋭いドライバーなら、新品に交換した際、乗り味の変化に気づくこともあるでしょう。

鈍いドライバーでも、交換後は愛車がどことなくシャキッとした感じを受けるかもしれません。

劣化が始まると最悪の場合、破断してしまうことがあるので、ある程度走行を重ねた車両では、定期的にチェックしてもらいましょう。

交換は不要という意見も

ブッシュ交換の目安について紹介しましたが、一方では交換は不要との声もあります。

ブッシュ自体使い続けることで硬化すると説明しましたが、硬化するだけなら良いのですが、パーツを支える穴が広がってしまったり、硬くなったことで切れてしまったりといったトラブルの原因になります。

愛車を長く大切かつ快適に乗ろうと考えている方は、定期的に交換をしても良いかもしれません。

ただ、ブッシュ交換するのは非常に手間がかかるうえ、輸入車の場合はサスペンションブッシュ単体で交換することができず、パーツ代の高いアッシー交換になることもしばしば。

ブッシュは、距離ではなく、状態を確認しながらの交換が良さそうです。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事