現在のSUVブームのように、過去にはセダンやクーペのブームもあったのか?

セダンとクーペのブームは長かった!

1960年代に日本でもモータリゼーションが起こり、各メーカーから実用性と経済性に優れる大衆車が、数多く世に送り出されました。その頃の乗用車といえば、3ボックスのスタイルが基本で、1990年頃までセダンとクーペ(2ドアハードトップ)に人気車が集中していました。

その裏には、ワンボックスやバンは商用車、RV系は特殊な用途の実用車といった偏ったイメージがあったからで、大枚をはたいて購入する車には高級感が求められていたのです。

そんな時代にあってセダンがブームになるのは、1980年代になってからでした。いわゆるハイソカーブームがそれで、その流れはバブル時代の高級セダンまで続きます。

一方のクーペは、1960年代後半から1970年代にかけては贅沢品で、クーペが停まっているガレージはお金持ちの家というイメージでした。そのイメージが変わったのは1980年代。景気の上昇もあって、歴史に残るクーペが多く生まれます。

ここでは、1980年代に人気を集めたセダンとクーペそれぞれ3車種を紹介しましょう。

次ページ1970~1990年代の人気セダン・クーペ3選

この記事をシェアする

最新記事