三菱 エクスパンダーがかっこいい!日本で展開されるとしたら、いくらになる?

エクスパンダ-はインドネシアで生産される7人乗りのMPV

三菱 エクスパンダー 2017

2017年8月10日から開催された第25回インドネシア国際オートショーにおいて、ワールドプレミアとなった7人乗りの次世代クロスオーバーMPVが三菱 エクスパンダーです。

インドネシアの新工場(西ジャワ州ブカシ県)で製造される車で、年間8万台を生産し、インドネシアでの販売開始は2017年秋を予定。2017年8月時点では、日本での販売はないとのことですが、ASEANと他の市場には、2018年初春よりデリバリーが開始されます。

見た目のインパクトが非常に強いエクスパンダー

三菱 エクスパンダー 2017

エクスパンダーは、MPVならではの居住性と多用途性に、SUV的なスタイリングと走りを融合させることによって、従来のMPVを超える次世代クロスオーバーを狙ったニューモデルです。

さまざまな路面状況において優れた乗り心地を実現し、乗員すべてに静かで快適な居住空間と十分な荷室を確保するエクスパンダーは、SUVに求められる機動力や走破性といった要件も兼ね備えています。

エクスパンダーは、リアドアがスライドではなくヒンジ式になっていることを特徴としており、ボディサイズは、全長4,475mm×全幅1,750mm×全高1,700mmで、最低地上高は205mmを確保しています。

荷物たっぷりの収容力と、日本車らしい細やかな使い勝手の良さが光る

三菱 エクスパンダー 2017

ボディは、従来の小型MPVよりひと回り大きくワイドなサイズとすることで、クラストップの室内空間と多人数乗車に適した乗員レイアウトを実現しています。

乗員間の距離と十分な室内幅には余裕があり、ヘッドクリアランスも十分に確保されています。これにより、3列目でも良好な居住性と乗降性を実現しています。

収納スペースも豊富で、大物から小物まで対応する使いやすさも確保。ドアトリムやフロアコンソールなどには合計16本のペットボトルが収納可能なドリンクホルダーを設置。各席にはスマートフォンを置くスペースと、列ごとに充電に便利なACCソケットが設置されます。

現地での値段はいくら?

エクスパンダーのエンジンは全てのグレード共通で、1.5L MIVEC DOHC 16バルブ 4気筒を搭載。5MT、4ATから選べます。

グレード別車両価格は以下の通り。(インドネシアにおける車両本体メーカー希望小売価格、単位はインドネシアルピア)

グレード 変速機 車両本体価格(日本円)
GLX 5速MT 189,050,000 Rp.(約155万7,200円)
GLS 5速MT 208,550,000 Rp.(約171万7,800円)
Exceed 5速MT 214,550,000 Rp.(約176万7,250円)
Exceed 4速MT 224,950,000 Rp.(約185万3,000円)
Sport 4速MT 237,150,000 Rp.(約195万3,400円)
Ultimate 4速MT 245,350,000 Rp.(約202万1,000円)

日本での販売の可能性は?もし販売されたときの価格は?

2017年現在のところ、日本での販売は想定されていないようですが、日本でも好まれそうなデザインにはすでに注目が集まっています。手ごろなボディサイズ+7人乗りという設定も、人気が集まりそうです。発売をおおいに期待したいですね!

ちなみに、もし日本で発売となった場合、2.0LエンジンやPHEVへの展開も期待したいところ。その際には、198万円~280万円程度の価格になるのではないかと予想されます。

エクスパンダ-のベースは2016年のインドネシアオートショーでお披露目されたXMコンセプトで、こちらは2015東京モーターショーに出展されたexコンセプトの進化形です。コンセプトカーのイメージとさほど変わらないスタイルが人気を博しています。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事