なぜ「日本ではスーパーカーは生まれにくい」と言われるのか?

何をもってスーパーカーと定義するか?

レクサス LFA 2012

レクサス LFAや日産 GT-R、ホンダ NSX…いずれも、世界のスーパーカーに匹敵する性能を有したモデルです。しかも、同レベルの性能を有するスーパーカーよりも、イージードライブが可能かつ安価で手に入るモデルもあります。

ここで結論づけると記事が終わってしまうので、「スーパーカーとは、性能だけでなく感性に訴えかけるもの」と定義して、話を進めてみようと思います。

はたして、大企業はスーパーカーを創り出せるのか?

レクサス LFA 工場

いま、路上を走っているクルマたちは、メーカー内でさまざまな会議を経て、最終的に承認を得たうえで世に送り出されています。

軽自動車や高級セダン、スポーツカー。いかなるモデルであっても、企業内部のフィルターを通されます。開発チームが練り上げたプランに対して、さまざまな意見や意向が組み込まれ、良くも悪くも”最大公約数”となったものが商品となっているのです。

一部上場企業の上層部ともなれば、優秀な方々であることは疑いようのない事実です。しかし、そのなかにはスーパーカーに興味がなかったり、そもそも、それほどクルマが好きではない方がいるとしたら…。

スーパーカーを世に送り出したいと考えている開発陣に対して、結果的に的外れな意見を出してしまうかもしれませんし、本来意図したものとは違うクルマが世に送り出される可能性だってありえます。開発陣も、きっとそんなジレンマに陥ることがあるはずです。

筆者はスーパーカーとして世に送り出す以上、馬力やパワーウェイトレシオなどのスペックだけではなく、デザインや誕生に至るまでのストーリーなど、ユーザーに対して理屈抜きに「惚れ込んでもらう」必要があると思うのです。

ユーザー側の意識

ホンダ NSX 2015

新型NSXの価格は2,370万円。新車の輸入車ならポルシェ 911ターボや、メルセデスAMG GTRも射程圏内。BMW i8も同様です。これが中古車となると、フェラーリ 458イタリアも射程圏内に入ってきます。

つまり、郊外なら新築のマンションや一軒家が買えてしまうほどの大金を、並み居る競合車種を諦めてまで、新型NSXに投じる方がどれくらいいるか?ということです。

複数のスーパーカーを保有できるほど潤沢な資金がある方なら、コレクションの1台に加える可能性もありそうですが、そんなことができるのは、ほんのひと握りのオーナーにだけ許された特別な世界。

特別な存在のクルマは、専用のラインで造られている様子をメーカーが逐次知らせてくれたり、内外装のボディカラーやレザー素材、ステッチの太さまで、自分好みにカスタマイズできることも大きな魅力となっているはずです。

日本発のスーパーカーは?

ホンダ NSX 2015

冒頭でも記したように、日本発のスーパーカー、それはすでに世に出ているのではないでしょうか?

もし、さらなる日本発のスーパーカーを求めるとしたら…?それは、規模は小さくとも少数精鋭スタッフで構成された企業が、"強い信念とエゴイズムを貫き通して"世に送り出すもの、かもしれません。

そもそも、スーパーカーは万人に対して受け入れられるものではありません。反面、世界中に熱狂的ともいえる信者を獲得することができれば、名実ともに世界に誇れるスーパーカーが誕生するに違いないでしょう。

国産スーパーカー 画像ギャラリー

この記事をシェアする

最新記事