シビックツアラーやランエボ ワゴンなど…レースで活躍したステーションワゴンとは?

①ボルボ 850 エステート

ボルボ 850 エステート

2017年現在から約30年ほど前、まだ日本でもボルボの認知が低かった時代に、240ターボがサーキットで大活躍していました。その四角いボディから「Flying Brick(空飛ぶレンガ)」の異名も与えられた240ターボは、1985年に欧州ツーリングカー選手権(ETC)で総合タイトルと、ドイツツーリングカー選手権の総合優勝を獲得しました。

この240ターボの時代を経て、1994年にはイギリスツーリングカー選手権(BTCC)に850エステートを投入。ル・マンやツーリングカーレースで実績を残していたTWR(トム・ウォーキンショー・レーシング) とのジョイントチームでしたが、850エステートは予選も決勝も最高位は5位どまりという結果に終わりました。

それを受けて翌95年からは、850サルーンを投入。エステートでのサーキットレース参戦は終了しました。やはり、全長が長く、前後の重量配分に劣るワゴンは、レースでは不利だったようですね。

②ホンダ シビックツアラー

850エステートの撤退から20年の時を経て、2014年にBTCCに帰ってきたワゴンといえば、ホンダのシビック ツアラーです。この年、2台がエントリーしています。

前年までハッチバックベースのマシンで参戦していたホンダ ユアサ レーシングが仕立てたもので、2.0L ターボエンジンは最高出力300psを発生。BMW、MG、ヴォクスホールといったライバルを押しのけて、4度の優勝。チームは年間3位を獲得しました。

前述のボルボに比べて良い成績を収められた理由は、ハッチバックと比べてもボディ重量は変わらず、ベースが同じためホイールベースのサイズも同一。ハッチバックと、それほど変わらないパッケージとなっていたことがひとつの要因でしょう。

レースに参戦したワゴンのなかでは、もっとも活躍したモデルに位置付けられています。しかし、ツアラーでの参戦は1年限りで修了し、翌年からは、ハッチバック(タイプR)に戻っています。

③ランサーエボリューション ワゴン

ランエボ初のワゴンは、2005年にエボIXをベースとして登場しました。6速MT搭載のGTと5速AT搭載のGT-Aをラインナップしており、最高出力はそれぞれ280psと272psを発生するパワフルなものでした。

ランサーシリーズには、ほかにワゴンの設定もありましたが、紹介するランサーエボリューション ワゴンとは、外観こそ似ているものの、骨格からしてまったくの別物でした。このランエボ ワゴンが活躍したレースが、2007年の十勝24時間耐久レースです。

2006年は、OHLINSレーシングチームの1台として参戦し、初戦のクラス5位が最上位。翌年は、ゼルスランサーEVOワゴンMRが参戦し、シリーズ4位の好成績でシーズンを終えました。

ちなみに、2006年のオーリンズランサーEVOワゴンMRは、もともとイベントのプロモーション用に作ったデモカーに由来するもので、ワゴンだけどえらくスポーティでカッコいい!という強烈なインパクトを与えたことから、「実践投入して欲しい」という要望がファンから発生。その声にの応えるかたちで実現したプロジェクトでした。

 かつてサーキットレースで活躍したワゴンベースのレースマシンを紹介しました。どのモデルもワゴンのイメージを覆すスポーティさが印象的です。皆さんの印象に残っているモデルは、ありますか?

この記事をシェアする

最新記事