知ってましたか?高速道路の真ん中車線が一番広い理由

車道の幅はどんな条件で決められているのか

高速道路

車道としての道路の幅は、一般道では概ね3.0〜3.5m、高速道路では3.5mが標準です。原則として道路の幅や車線数は、以下の条件によって決められています。

①地域:地方部(平地、山地)、都市部
②種別:高速自動車国道、自動車専用道路、国道、県道、市町村道
③計画交通量

要するに、その道路が街中なのか山地なのか?道路の種類などによって、細かく分かれているようです。

また、計画交通量も大事な条件で、これから道路を新設して将来的にどれくらいの交通量になりそうか?交通量が多くなりそうだと判断されたら、道路の幅も広くなるということでしょう。

高速道路の幅は車線によって違うことがある?

高速道路の幅は3.5mが基本ですが、ごく一部の区間では3.25mと狭くなっています。

一般道における必要車線の幅員は、センターラインがある2車線道路では3.5m~2.75m(25cmピッチで設計)、1車線道路では4mまたは3mとなるそうです。

なんとなく高速道路のほうが幅が広いとイメージしていましたが、新しくできた道路、特に地方部では高速道路以上に広い道路も増えているようです。

高速道路の幅が車線によって違うって本当?一番幅が広い車線は?

高速道路3車線

さて、それでは本題です。高速道路には暫定車線含め片側1車線、同2車線、3車線と、いくつかの車線数があります。実は、これらの道路の各車線の幅員は、一部の高速道路区間で異なるということをご存知でしょうか?

”3本の車線の中で真ん中が少し広い”
”片側2車線の高速道路の場合、追い越し車線が少し広い”

という設計になっている場所があります。ただし、広いといっても、その差は25cm。100キロ近いスピードで走行していると、あまり気づかないかもしれませんね。

車線によって幅員が違う理由は?

車線によって幅員が変えられている理由は、「追い越し車線を狭くして、真ん中車線に移りやすい=キープレフトを推進するため」という説が良く聞かれますが、NEXCO西日本広報室によると、「そういう狙いはまったくない」とのこと。

実際、2車線道路であれば、追い越し車線のほうが広くなっているので、キープレフトのためというのは間違いということがわかりますね。

詳しく聞いてみると、

『交通量が多い片側3車線の道路では、真ん中の車線(第2走行車線)や、片側2車線では右側の車線(追越車線)など、1車線だけ3.75mにしている区間もあります。

これは、片側3車線の場合、左車線には路肩、右車線には中央分離帯があり、ドライバーはそれぞれ幅員に余裕を感じることができます。しかし、真ん中の車線には、そういった余裕がありません。

また、2車線の場合は左車線には路肩がありますが、右側(追い越し車線)は余裕がありません。それでそれぞれ幅員を、25cm広くしています。

高速で走行すると道路の幅が狭く感じるというドライバーも少なくないので、視覚的に圧迫感を感じることがないよう、道路の幅を少し広くして配慮しています』

とのことでした。

ちなみに、NEXCO西日本管轄の道路で、真ん中の車線が広くなっているのは「中国道池田IC~宝塚西IC」、2車線で追い越し車線が広くなっているのは「宝塚IC~吉川JCT」区間など数か所あるそうです。

すべての道路ではなく、交通量が多い一部道路では道路幅を変えて円滑な交通の流れを作っているのですね。

この記事をシェアする

最新記事