新型スバル レヴォーグ、注目すべき改良ポイントは?

自慢のアイサイトをさらに進化させた「スバル レヴォーグ」

スバル レヴォーグ 2017

スバルは、レヴォーグのマイナーチェンジを敢行。これによりレヴォーグは、D型へと進化しました。発売は2017年8月7日を予定しています。

レヴォーグは、名車レガシィ ツーリングワゴンの後継モデルとして、2014年にリリースされました。日本の道路事情にあわせ、ダウンサイズしたボディや、新しい2.0L水平対向エンジンの搭載などが奏功し、堅調な販売を続けるステーションワゴンです。

発売後、毎年改良を続け、今回のマイナーチェンジでは以下のような新機軸が盛り込まれました。

・「アイサイト・ツーリングアシスト」を搭載し、より高度な運転支援を実現
・後退時自動ブレーキシステム、フロントビューモニター、スマートリヤビューミラー、ステアリング連動ヘッドランプ等の先進安全機能の追加により、総合安全性能を飛躍的に向上
・操縦安定性や乗り心地、静粛性をさらに向上

このなかでもっとも注目すべきは「アイサイト・ツーリングアシスト」でしょう。

「事故ゼロ」を目指すスバルの取り組み

スバル レヴォーグ 2017.7

今回、レヴォーグに搭載されたアイサイトは、ツーリングアシストと呼ばれるもので、2017年現在のアイサイトのなかではもっとも進化したバージョンになります。

アイサイトVer.4じゃないの?という声も聞こえそうですが、スバルとしてはVer.3を改良したものということで、あえてツーリングアシストという呼び名にしたようです。

アイサイト・ツーリングアシストのトピックは、0km/h〜約120km/hという幅広い速度域で、アクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動でアシストするということ。Ver.3では、60km~であったことを考えると、大幅に進化しています。

その結果、アイサイト・ツーリングアシストは「自動運転レベル2」となりました。

走行性能も向上している新型レヴォーグ

スバル レヴォーグ 2017.7

今回の目玉は、やはり改良、進化した「アイサイト」となるわけですが、フロント&リヤサスペンション、電動パワーステアリングの改良、車内静粛性向上、1.6Lエンジンの制御最適化など、基本性能もブラッシュアップされています。

走行性能を向上させ、また安全性能に磨きをかけたレヴォーグは、新たな競争力を得たといえるのではないでしょうか。

■スバル レヴォーグ (車両価格)
・1.6GT EyeSight…262万円~
・1.6GT EyeSight S-style…271万円~
・1.6GT-S EyeSight…285万円〜
・1.6STI Sport EyeSight…330万円~
・2.0GT-S EyeSight…335万円〜
・2.0STI Sport EyeSight…375万円〜

スバルは、レヴォーグの月販台数を2,000台に設定しています。早々にクリアできるのか気になるところですが、これにはエントリーグレードの1.6L仕様がどう評価されるかが大きく影響するでしょう。

今後もスバルは、独自の安全装備「アイサイト」を進化させ続けていくことは間違いありません。自動運転技術もレベル2となり、こうした機能がどこまで進化していくか、という点も今後の議論の対象となるでしょう。

しかしながら、その根底にあるのはやはり「事故をなくしたい」というスバルの切なる思いなのではないでしょうか。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事