スキー場に行くためのランボルギーニ?!海外セレブのぶっ飛んだ車活用法3選

ランボルギーニでスキー場を走る

ムルシエラゴLP640

スウェーデンに住むプロスキーヤーのヨン・オルソン氏は愛車のランボルギーニ ムルシエラゴをスキー場で走らせます。

車でスキー場を走るというのもなかなかぶっ飛んだ行動ですが、超低車高スーパーカーのムルシエラゴが雪上を走るなんて、それこそ無理がありそうですよね。しかし、彼はムルシエラゴをゲレンデ仕様にカスタムしており、ルーフボックスと16mmのスパイクを打ち込んだタイヤで、雪上の走行を可能にしました。

下記の動画を見てみると、ムルシエラゴがゲレンデを豪快かつ縦横無尽に走っているのが分かります。スキーをこよなく愛する彼ならではの発想ではないでしょうか?過去にはアウディR8、日産GT-R、ランボルギーニ・ガヤルドもスキー場に行く用の車としてカスタムをしていました。お金があれば本当に何でも出来てしまうのですね。

ゲレンデを駆け上がるフェラーリ

フェラーリもスパーカーの代名詞的な存在のメーカーですが、ゲレンデ仕様にカスタムされた車はランボルギーニだけではないようです。なんと1台1億円以上するフェラーリ F40もゲレンデ仕様にカスタムされたものがあります。

これはレッドブルがモータースポーツチャンネルの新設に合わせて企画したもので、ルーフに荷物を載せて、山頂でキャンプをするというものです。雪山を登るなら他に適した車がいくらでもあると言いたいところですが、これは自動車冒険家のカーガイの木村氏とのコラボレーション企画ということもあり、そこには冒険が伴わなければならなかった模様。

動画には4連フォグランプを装着した、ラリー仕様のF40が街から雪山へ向かうスリリングな様子が描かれています。登場しているモデルは木村氏が実際に所有しているものとのこと。最後のキャンプシーンを見るとなぜだか自身も冒険に出かけたくなる、そんな思いにさせてくれます。

高級車を洋服のように着まわす?!

ヴェイロン

元プロボクサー選手のフロイド・メイウェザー・ジュニア氏は「金の亡者」という異名を持っています。彼は2012年と2014年に世界スポーツ長者番付において1位を獲得しています。ちなみに2014年の2位を獲得したのはサッカーで世界的に有名なブラジル代表のクリスティアーノ・ロナウド選手でした。

メイウェザー氏のお金の豪快な使いっぷりが垣間見れるのが車で、所有台数は100台を超えると言われています。一体どんな車庫を持っているのでしょうか。彼にとって車は洋服感覚。その日の気分で乗る車を決めるというなんとも羨ましい生活を送っています。

また、軽自動車が100台だったとしてもすごいことですが、彼が持っている車は高級車ばかり。ブガッティ ヴェイロンにフェラーリのエンツォ、ロールスロイスのファントムなどなど。私たちの感覚では車1台所有するのに、躊躇うことも多いですが、お金があれば迷うことはないのですね。

しかし、そんな彼も幼少期は貧しい家庭で育ち、苦労が絶えなかったのだそう。16歳の頃にプロボクサーを目指すようになり、96年にプロデビュー、98年にはスーパーフェザー級で初タイトルを獲得、彼の輝かしい功績はここからスタートしたのです。

このまとめをシェアする

最新まとめ