レクサス LFAとランボルギーニ ムルシエラゴのドリフト対決…両車に施されたカスタムは?

LFA

近年競技として定着してきた感のあるドリフト競技。一気にメジャーなものとしたのが「D1 GRAND PRIX」の存在でしょう。そのD1GPの舞台で、レクサスLFA対ランボルギーニ・ムルシエラゴというド迫力スーパースポーツカー対決が実現したようです。

Chapter
D1グランプリでのスーパーカー競演…
レクサス・LFA D1グランプリ仕様は…
ランボルギーニ・ムルシエラゴ D1仕様…
【動画】ド迫力のムルシエラゴvs LFAドリフト対決!
D1グランプリのルールとは?

D1グランプリでのスーパーカー競演…

D1GPにて、「エキシビションマッチ」という形だったようですが、レクサス・LFAとランボルギーニ・ムルシエラゴの勝負…競演というべきでしょうか、なんとも贅沢なシーンが観れたそうです。このD1GP(全日本プロドリフト選手権)は2001年にスタートし、今年で15年を迎えるというところ。

ドリフトという競技の特殊性から、実績のない現行車両はどうしても不利になってしまうため、旧型FR車でのエントリーが多く(そのため現行車種は予選を免除するというレギュレーションもあったようです)、そうした意味ではLFAもムルシエラゴも「異質」な存在といえるでしょうね。

レクサス・LFA D1グランプリ仕様は…

今村陽一選手が所属するOTG Motor Sportsが、レクサスLFAをD1の「エキシビションマッチ用」に製作したそうです。もちろん純正のままではなく、相当なカスタマイズを施しています。

なんとLFA自慢のV10エンジンではチューニングが難しく、メーカーレベルでないと不可能!?という事で、NASCAR用のV8エンジン(約6000ccのOHVエンジン)に換装したそうです。これにターボを組みわせ、900馬力の出力にマスタマイズしたのだとか。

純正のV10エンジンをわざわざ降ろしてまで製作、というのは覚悟がいる事ですよね。しかしそれだけ精密なエンジンでありカスタムしにくいものだったと想定できます。

ドリフト競技は初の車両だけに開発に苦労があったそうですが、少しずつ熟成が進んでいいるようです。

<次のページに続く>
次ページ
ランボルギーニ・ムルシエラゴ D1仕様…