ドイツの速度無制限な高速道路”アウトバーン”では、なぜ交通事故が少ないのか?

ドイツ人と日本人の意識の違い

日本で仮に200km/hを超えるようなスピードで走ったら、ジェットコースターのような絶叫マシンと化してしまうでしょう。さらに、命の保証もないので、恐怖感はジェットコースターに勝ると言えるでしょう。では日本の高速道路とアウトバーンではどのような違いがあるのでしょうか?

まずひとつ言えることは交通ルールをしっかり守っていること。アウトバーンではゆっくり走る車が速い車を先に行かせるという意識がしっかりしており、追い越し車線をのろのろ走るような車は皆無です。追い越しをする時以外は走行車線を走らなければならなくなっており、追い越し車線を走り続けるのは違反となります(ドイツは左側走行なので、左車線が追い越し車線に当たります)。

日本でも同じようなルールがありますが、暗黙の了解的な要素が強くルールも曖昧です。

道路環境の違い

ドイツ人は一般道であっても制限速度を順守し、若干の速度オーバーをするドライバーも皆無です。これはドイツの一般道の法定最高速が100km/hであることと、絶妙な制限速度が設けられているためでもあります。それ故にドライバー達も制限速度をしっかり守ろうという気になれるのです。

日本とドイツでは道路の構造が大きく違います。もちろん、後者の方がずっと走りやすい道路の構造をしています。ドイツでは車と歩行者がしっかり分離されている道路が多く、安全に走れるため、制限速度が100km/hであっても事故が少ない理由と言えるでしょう。家の近所の細い道であってもかっ飛ばすような危険な車は見られません。

クルマづくりだけでなない、ドイツ人の運転マナーの良さ

日本人とドイツ人では、車の運転に対する意識に差があるのがお分かりいただけたのではないでしょうか?

日本で制限速度を10km/h、20km/hオーバーしてしまうのはやはり交通違反ですが、幹線道路であっても制限速度40km/hとあからさまに低く設定されているような道路が多いのも原因となっています。

スピード違反を取り締まる警察にとってはありがたいことかもしれませんが、速度標識に見合わない道が多いことも速度超過が増える要因と考えられます。幹線道路から脇道に入ると多くの道路が制限速度30km/hとなっていますが、40km/hと30km/hの差では速度を落とそうという意識も生まれにくくなります。

しかし、そうはいっても、日本の交通事情が急に変わるとも思えませんし、私たち個人のモラルが問われる点でもあります。

ドイツ車の性能の高さは非常に評価されていますが、ドライバーの意識も世界の模範となるものではないでしょうか。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事