ランチア ストラトスは購入できる!? 伝説のランチアストラトスは何が凄かったのか?

WRCでの数々の伝説を残すランチア社とは?

ランチア ストラトス

ランチア社(Lancia Automobiles S.p.A )は、オリンピックで記憶も新しいイタリアのトリノを本拠地とする自動車メーカーの1つ。歴史は意外にも長く1906年に設立され、1969年以降はフィアットグループの傘下になっている自動車メーカーです。

ランチア社を語る上で外せないのはやはりモータースポーツカー。1950年代の一時期にはF1に参戦や、スポーツカーレースでの活躍があり、そのイメージを持つのはもちろんですが、間違いなくランチア社と言えば、なんといってもWRC(世界ラリー選手権)であり、WRCでの活躍を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

フルヴィア HF、ベータ クーペ、ラリー 037、ランチア ストラトス、デルタ S4、デルタ HFインテグラーレ等といった数々の名車を輩出した、WRCでの活躍は快挙そのもので、史上最多の王座を獲得したのがランチア ストラトスです。WRCのマニュファクチャライズ・チャンピオンを6年連続、通算では11回も獲得しており、まさにWRCの一時代を築いたメーカーこそランチアと言えます。

ランチアストラトスとは

「ランチア ストラトス」とはWRCで勝利する事を目的に開発されたホロモゲーションマシン。巨匠マルチェロ・ガンディーニが率いるベルトーネ社が1970年にデザイン・発表をしたコンセプトモデル「ストラトス・ゼロ」に感化され、1973年に量産試作車と言えるモデルが誕生。

1974年から量産市販車として本格的に販売されました。

前述の通りWRCを勝つ目的で開発された異色の車で、当時のストラトスが狙っていたWRCのカテゴリーはグループ4(GTSクラス)。当時の規定により、WRCのマシーンとしてホロモゲートを獲得するには400台以上の生産が不可欠でした。

世界的なコレクターの調査によれば世界的に残りの台数は生産済みの車数を含め、400台未満という大変希少なもの。この希少性とWRCでの活躍もあり、今では「伝説のラリーカー」として、マニアから垂涎のコレクターズアイテムとなっています。

ランチア ストラトスのスペック

ランチア ストラトス

そんなWRCを勝つ為に開発をされたランチア ストラトスのスペックは以下の通りとなっています。

乗車定員:2名
エンジン:V6DOHC
排気量:2418cc
最高出力:190ps/7000rpm
最大トルク:23kgm/4000rpm
全長3710mm
全幅:1750mm(ストラダーレ仕様)1860mm(コンペティオーネ後期Gr.4仕様)
全高:1114mm
ホイールベース:2180mm
車両重量:980kg

こうして数字で見ると少し混乱しそうですが、特筆すべき点は1tを切る軽量な車体に組み合わされる「ショートホイールベース・ワイドトレッド」。2,180mmというホイールベースは現行の軽自動車よりも短く、スズキ アルトワークスで2,480mm、ホンダ S660でさえも2,285mmのホイールベースであることからも、ストラトスのホイールベースは極端な短さであることが伝わるかと思います。

そんな「ショートホイールベース・ワイドトレッド」が生み出す最大の恩恵はその「回頭性」。ラリーマシンとしての資質を最優先させた結果のスペックと言えるでしょう。

しかし回頭性に特化している反面、直進安定性は非常に不安定なもので、WRCのプロドライバーが「直線でも気が抜けない」「全てのコースがコーナーであってくれれば良いと思ったくらい」とコメントを残すほどでした。

こうした乗り手を選ぶ特性もファンを増やしていった要因と言えるでしょう。

エンジンはフェラーリ製

フェラーリ ショールーム

ストラトスに搭載されるエンジンは、フェラーリディーノ246GT/GTSやフィアット・ディーノに使用されたものと基本的に同一の2418ccのV6DOHCエンジン。

ストラトスではラリー用に中低速重視へセッティングを見直し、カムシャフト、クランクシャフト、シリンダーヘッドの部分は専用品に交換されました。

レース仕様でも更にチューニングが施され、ワークス仕様では290ps/8000rpmと、当時としてはかなりの出力を発揮するエンジンです。80年代でも通用するようにと開発・搭載されたことが分かります。

伝説のランチアストラトスは購入出来る?

ランチア ストラトス

そんな伝説のランチア ストラトス、果たして購入は可能なのでしょうか?

総生産台数は493台、そのうちの1/5は焼失、登場から40年以上も経過する車であり、途中事故などで失われた事を考えると現存する車は極めて少ないのが伺えます。

筆者が調べたところ、ごくわずかですが世界的には販売はされています。

しかし驚くべきはその値段。

「LANCIA STRATOS For Sale」と検索して頂ければ分かるかと思いますが、大体の相場はオークションで35000~45000ユーロ、USドルで約470000ドルと言う非常に高価なもの…現在のレートで1ドル¥115、1ユーロ¥125換算で計算しても安くても4000万円以上、平均しても5000万円以上という値段的には新車のランボルギーニ アヴェンタドールも買えてしまう程に高騰。

その価格からもその希少性と人気ぶりが伺えます。

レプリカという選択

そんな高価で非常に希少価値の高いランチア ストラトス。オリジナルで現存する車両も少ないため、ランチア社とは無関係のレプリカのキットカーなるものも多数存在し、中には保安部品を付けて公認を取得している車両も存在するようです。

レプリカを製作している会社は「C.A.E社」「ホークカーズ」「アタカ・エンジニアリング(AER)」「リットンカーズ」の4社。レプリカの為エンジンはオリジナルを踏襲するディーノのV6ユニットやアルファロメオ製のV6エンジン、ランチアデルタのエンジンや、日本製の国産中古エンジンを搭載したものまで様々なバリエーションが存在。

「アタカ・エンジニアリング(AER)」に至っては製作が日本でされている事もあり、販売価格も新車で約1000万円〜、中古で600万円台と決して安いものではありませんが、オリジナルの中古ランチアストラトスの価格と比較すれば一目瞭然、お金に余裕がある方ならば比較的現実的に手に入れられると言えるでしょう。

レプリカであっても、伝説のアリタリアカラーなどのカラーリングで走れば目立つ事間違いなしですね。

ランボルギーニの人気モデル7選|ランボルギーニの新車/中古価格はいくら?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事