危険なケースも!? 2速発進・飛ばしシフトのメリット・デメリット

わりとポピュラーな2速発進

無題

マニュアルミッションだけではなく、多段式ATでも「スノーモード」などさまざまな名前で2速発進モードが存在します。多段式ATの場合は大抵の場合トルコン(トルクコンバーター)をミッションに組み込んでいますから、多少高いギアでトルク不足と思っても問題はありません。それよりは高いギアでジンワリと発進した方が、凍結路面ではホイルスピンしにくいので発進しやすくなります。

マニュアル車も原則は1速から発進するのが正しいとはいえ、凍結路面では多段式AT同様に2速に入れて半クラをうまく使った方がホイルスピンしにくい場合もあるんです。ただし、車種によっては車両重量とエンジンのトルク、さらに停車地点の勾配などの関係で1速以外での発進があまりオススメできないケースも稀にあります。

ラリー等の競技用として大型タービンを搭載し、高回転時のパワーのみに特化して低速トルクがスカスカな「究極のどっかんターボ仕様」であるダイハツ・ストーリアX4のように、そもそも2速発進は困難な車種もあるのです。

普通は1速発進しない車種もあります

逆に、2速以上での発進が前提なのが軽トラックも含むトラックやダンプカーの類で、原則として積荷を満載したり、急坂での発進で1速を使う以外には、2速以上で発進します。

そうしないと交通の流れにも乗れませんし、頻繁にシフトアップをしないといけないという事情もありますが、こうした車はギアの変速比がかなり低速よりに設定されており、重い荷物を積んでも発進や加速が可能な事に重点を置かれています。

そのような車にとっての「1速」とは通常の車のそれとは違って「ローよりもさらに低いスーパーローギア」のような扱いになっており、空荷など負荷が少なければ、2速以上を使う事が当たり前です。

たまに業務用途のこうした車で、トルクは間に合うからとさらに3速以上で発進する人もいますが、あまり調子に乗るとクラッチに負担がかかり、焼けたり急激に磨耗したりするので注意しましょう。

また、乗用車の中にも昔の「ホンダ・コンチェルト」の4WD車のように、「1速の下にさらに特殊な操作でシフトダウンさせるスーパー・ロー」を持っている車もあります。おおむね特殊な車を除けば、2速発進くらいまではメーカーの想定内ですので、そうそう壊れたり不調の原因になる事は無いと思って良いでしょう。

飛ばしシフトはどのような時に使う?

HパターンシフトのMT車やセミAT車限定の話になりますが、シフトアップやシフトダウンで一段飛ばすのが「飛ばしシフト」です。

どのような時に使うかと言えば、シフトアップなら例えば発進後2速か3速あたりで思い切り引っ張って回転数を上げて加速し、速度が上がればすぐ5速など一番高いギアに入れて巡航モードに入る場合です。

これは信号待ちでの発進が遅れて、前の車に追いつくのに少し早めの加速をしたい時など巡航速度に乗せるまでの時間を短縮させたい時に多用します。また、巡航速度が40~50km/h程度の道路では巡航速度に移るまでの加速は低いギアで十分なので、途中のギアを飛ばす事もよくある話です。

原則としては順番にシフトアップしていけばいいのですが、入れる先のギアが対応している速度に達しさえしていれば、無理に間のギアに入れる必要は無いですし、元のギアでレッドゾーンに飛び込むほど回転数を上げてでもいない限り、特に問題のある操作というわけでもありません。

シフトダウンでも同様で、高いギアからブレーキを踏んで減速した時は、シフトダウンするにしてもその速度に対応したギアに入れる方が再加速なども考えると正しいわけですから、杓子定規に順番通りのシフトダウンをする必要も無いわけです。

飛ばしシフトの危険ケース

とはいえ、飛ばしシフトで危険なケースが無いわけではありません。前述したように、車の特性や各ギアの守備範囲を把握した上で意図的にやる分には良いのですが、問題なのは「飛ばしシフト」ではなく「飛ばしてしまったシフト」で、特にシフトダウンで入れるギアを誤り、一気に低いギアに入れるとエンジンが過回転を起こします。

筆者もダイハツ・ストーリアX4に乗っていた時に全開加速で3速8000回転から4速にシフトアップしようとして誤って2速に入れてしまった事があります。幸い一瞬で気づいてギアを抜いたのと、超高回転型エンジンなので壊れはしませんでしたが、それでも1万回転スケールのタコメーターを大きく振り切りました。車によってはエンジンブローやクラッチ破損、あるいはタイヤが急激にロックしてコントロール不能になった可能性もある、かなり重大な操作ミスです。

一方のシフトアップでの「飛ばしてしまったシフト」は「2速から3速に入れようとして誤って5速」などのケースですが、この場合はただトルク不足で加速しないだけで、車種によってはガクガクとノッキングする事もあるとは思いますが、すぐに気づいてギアを入れ直す分には特に問題にはなりません。

結論、意図的ならOK

2速発進にせよ飛ばしシフトにせよ、ドライバーがその行為の意味を理解した上で、同乗者が不快にならない程度の運転をしている範囲内で意図的に行うなら、特に問題にはなりませんし、逆に意図的に行えるならそうした方がいいようなケースもかなりあります。

ただし、それらはあくまで「基本を理解した上」での話ですので、運転免許を取得したばかりですとか、ペーパードライバー状態、あるいは慣れていない車などで基本を理解しないまま、格好や手間を惜しむだけの理由でやるのは避けた方が無難、とだけオススメします。

キャリイ
スズキ | キャリイ
58.8万円
年式:2016年
走行距離:4km
詳細を見る
プレオプラス
スバル | プレオプラス
62.7万円
年式:2014年
走行距離:2.0万km
詳細を見る
フリード
ホンダ | フリード
125.6万円
年式:2012年
走行距離:4.9万km
詳細を見る
GLAクラス
メルセデス・ベンツ | GLAクラス
429.0万円
年式:2016年
走行距離:0.4万km
詳細を見る
Cクラス
AMG | Cクラス
1059.0万円
年式:2016年
走行距離:0.5万km
詳細を見る
Cクラス
メルセデス・ベンツ | Cクラス
414.0万円
年式:2015年
走行距離:0.9万km
詳細を見る
Cクラス
メルセデス・ベンツ | Cクラス
359.0万円
年式:2015年
走行距離:1.0万km
詳細を見る
GLAクラス
メルセデス・ベンツ | GLAクラス
320.0万円
年式:2014年
走行距離:1.5万km
詳細を見る
Eクラス
メルセデス・ベンツ | Eクラス
388.0万円
年式:2014年
走行距離:1.0万km
詳細を見る
Eクラス
メルセデス・ベンツ | Eクラス
378.0万円
年式:2013年
走行距離:1.3万km
詳細を見る
Gクラス
AMG | Gクラス
1380.0万円
年式:2012年
走行距離:2.2万km
詳細を見る
シャラン
フォルクスワーゲン | シャラン
205.0万円
年式:2012年
走行距離:2.1万km
詳細を見る
Cクラスワゴン
メルセデス・ベンツ | Cクラスワゴン
280.0万円
年式:2012年
走行距離:1.6万km
詳細を見る
Eクラス
メルセデス・ベンツ | Eクラス
184.0万円
年式:2008年
走行距離:2.4万km
詳細を見る
ロードスター
マツダ | ロードスター
242.0万円
年式:2015年
走行距離:1.4万km
詳細を見る
エブリイ
スズキ | エブリイ
105.8万円
年式:2017年
走行距離:4km
詳細を見る
アルトラパン
スズキ | アルトラパン
105.8万円
年式:2017年
走行距離:3km
詳細を見る
エブリイワゴン
スズキ | エブリイワゴン
120.8万円
年式:2017年
走行距離:3km
詳細を見る
エブリイワゴン
スズキ | エブリイワゴン
131.8万円
年式:2017年
走行距離:7km
詳細を見る
アルト
スズキ | アルト
83.0万円
年式:2017年
走行距離:7km
詳細を見る
C-HR
トヨタ | C-HR
278.3万円
年式:2017年
走行距離:5km
詳細を見る
キャリイ
スズキ | キャリイ
69.8万円
年式:2017年
走行距離:3km
詳細を見る
eKワゴン
三菱 | eKワゴン
89.0万円
年式:2017年
走行距離:8km
詳細を見る
アルトラパン
スズキ | アルトラパン
99.8万円
年式:2017年
走行距離:4km
詳細を見る
ハイゼットトラック
ダイハツ | ハイゼットトラック
107.8万円
年式:2017年
走行距離:4km
詳細を見る
ハイエース
トヨタ | ハイエース
389.8万円
年式:2017年
走行距離:14km
詳細を見る
ヴェゼル
ホンダ | ヴェゼル
213.8万円
年式:2017年
走行距離:7km
詳細を見る
C-HR
トヨタ | C-HR
282.0万円
年式:2017年
走行距離:5km
詳細を見る
ハイエースバン
トヨタ | ハイエースバン
344.1万円
年式:2017年
走行距離:2km
詳細を見る
アルファード
トヨタ | アルファード
388.0万円
年式:2017年
走行距離:4km
詳細を見る
eKワゴン
三菱 | eKワゴン
84.8万円
年式:2016年
走行距離:3km
詳細を見る
ハイゼットカーゴ
ダイハツ | ハイゼットカーゴ
96.0万円
年式:2016年
走行距離:6km
詳細を見る
アルトラパン
スズキ | アルトラパン
95.8万円
年式:2016年
走行距離:4km
詳細を見る
ワゴンR
スズキ | ワゴンR
98.8万円
年式:2016年
走行距離:4km
詳細を見る
ワゴンR
スズキ | ワゴンR
98.8万円
年式:2016年
走行距離:4km
詳細を見る
ワゴンR
スズキ | ワゴンR
98.8万円
年式:2016年
走行距離:3km
詳細を見る
ワゴンR
スズキ | ワゴンR
98.8万円
年式:2016年
走行距離:4km
詳細を見る
スペーシア
スズキ | スペーシア
110.9万円
年式:2016年
走行距離:8km
詳細を見る
ワゴンR
スズキ | ワゴンR
129.8万円
年式:2016年
走行距離:10km
詳細を見る
ジムニー
スズキ | ジムニー
138.0万円
年式:2016年
走行距離:9km
詳細を見る

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事