放っておくと怖い車の「サビ」…見つけたらどうすれば良い?

放っておくと怖い「サビ」

クルマを少しこすってしまった、という経験は少なからずあろうと思います。「少し塗装が剥げたけどまあいいか」というケースが多いと思いますが、これは注意が必要です。塗装にはコーティング効果、そして金属パーツに対しては「防錆効果」が含まれています。つまり塗装がはがれて下地がむき出しの状態を放置すると、知らぬ間にサビが広がっていく可能性があります。

また「飛び石」などでフロントに受けた小さなダメージから、サビが発生することもあります。このサビの怖いところはがん細胞のように広がり腐食させること。金属パーツの多いクルマにとっては、ボディの強度を落とすどころか、穴をあけてしまう…なんてこともあるので、少しでも小さなサビを発見したら「早期対策」が必要です。

サビが出てしまった…どうすればよい?

洗車中などにボディのサビを発見したら…。普段お世話になっているディーラーや整備工場に相談するのがベストではありますよね。ただ、部位が小さいのでDIYで済ませたい、というケースも多いかと思います。

こうしたDIYの場合は、まず「錆を完全に落とす事」が重要。細かいヤスリ等で研磨し、サビを除去。そして完全に除去した後で、市販の「錆止め剤」を塗布し、サビが進行しないよう下地をしっかり行い乾燥した後、そこで初めてタッチペンなどで塗装、となります。この際にサビが残っていたりするとしぶとく復活してきて「塗装が浮く」ような状態になりますから、念入りににサビを除去するのが必須ですね。

次ページもうすでにサビが進行していた場合…

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事