2000GTやセリカも?旧車を現代風に蘇らせる「レストモッド」「ハイテック」とは?

旧車ってどんな車のことを言うの?

一言で旧車といってもその定義は様々です。たとえば、日本クラシックカー協会が主催するイベントの参加基準では、1975年までに生産されていた車と考えられていたりしますが、R32のスカイラインGTRや、初代NSXなどは意見が別れるところかもしれません。

国産車では、スカイラインの3代目(C10系・ハコスカ)、4代目(C110系・ケンメリ)などは人気ですし、GT-Rに関しては、特にR32型は非常に人気があります。ホンダのS600、S800なども、現存している個体は高値で取引されています。

輸入車を見てみると、特にポルシェやジャガーなどは旧車の人気も高く、空冷の911やEタイプなどは今でも高値で取引されています。またメルセデスの300SLをはじめとした歴代SLクラス、BMWの2002なども人気の高い車種ですね。

スカイラインGT-R (R32型)

言わずと知れたR32型、スカイラインGT-R。最近では程度の良い個体の海外への流出が懸念されています。

メルセデス 300SL

メルセデスの300SL。当時、日本では石原裕次郎が、もう一台は力道山が所有していたと言われる伝説的名車。今でも非常に高値で海外のオークションなどで取引されています。

修理をして、そしてさらに改造を行う「レストモッド」が人気

旧車をレストアし、さらにモディファイすることをレストモッド(Restomod)と言います。レストアして当時の新車のようにするだけでも大変で、時間もお金もかかりますが、それをさらにモディファイし、現代風にアレンジしたりするのです。旧車のクラシックな雰囲気は残しつつも、現代風なデザインがうまくマッチしていますね。ある意味一番贅沢な車ではないでしょうか。

レストモッドされた車の中でも有名なのはこの車。

コルベット

2009年のSEMAショーのホットロッド部門第一位を獲得したのが、このコルベット。ボディのパネル類はすべてワンオフカスタム。その他パーツ類もすべてカスタムやアップグレードされており、かかった費用は非公開のようですが、相当なコストがかかっていることでしょう。もちろんちゃんと公道を走ることも可能だとか。最新のスポーツカーには出せない味が外観にでていますね。

トヨタ2000GT

オークションで1億2000万円値がつくこともあるトヨタ2000GT。
全くのノンレストアのオリジナル車でも5000〜7000万円。フルレストア車だと1億円で取引されることもあるようです。

次ページ他にこんなカスタム車も!

2000GT
トヨタ | 2000GT
応談
年式:1968年
走行距離:7.3万km
詳細を見る
2000GT
トヨタ | 2000GT
応談
年式:1968年
走行距離:7.2万km
詳細を見る

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事