馬力のある車ほど顕著?スポーツカーのクラッチが重たい理由とは?

マニュアル車の証、クラッチペダル

マニュアル車の運転でオートマと最も異なる点は、クラッチペダルの操作があることです。慣れた人ならノーマルのクラッチペダルはそれほど操作に苦労はしません。筆者も知人のスカイラインGT-RやRX-7を乗らせてもらった時には思いのほか操作しやすく、乗りやすいと感じたものです。

しかし、ノーマル以上のパワーを出している車となるとそうはいきません。特にターボカーはお金をかけるほど馬力は上がっていきます。かつては国産車には280馬力という馬力の自主規制がありましたが、それこそ先に挙げたような車種だとモノによってはノーマルの倍の馬力を発生する車両も珍しくありません。当然、ノーマルのクラッチはそんな使い方は想定していません。ここで強化部品の登場となります。

クラッチの果たす役割

クラッチの役割は、エンジンの回転を駆動系に伝えることです。エンジンからクラッチ、トランスミッションそしてシャフト類を介して最終的にタイヤを回転させるための出発点なのです。

エンジン側についているフライホイールとミッション側についているクラッチディスクは、走行していないときは間隔があいており、エンジンの動力はそこから先へは伝わりません。クラッチペダルを操作するとこの隙間が狭まってきて、フライホイールとクラッチディスクが密着し、エンジンの動力がそこから先に伝わっていくのです。

強化クラッチとはなんだ!?

ノーマルのクラッチはあくまでノーマルエンジンの馬力を想定して容量が決まっています。誰が乗っても操作できることや耐久性など、様々な観点から扱いやすいクラッチが装着されています。

強化クラッチはまず1枚のクラッチ板のサイズを大きくしたり、素材を強化することでハイパワーエンジンに対応します。クラッチディスクが1枚だけの強化品ならまだ操作は極端にはシビアにはなりません。さらにハイパワーなエンジンに対応するためには根本的にクラッチ板の枚数を増やす必要があります。画像の様に2枚のクラッチ板を備えた「ツインプレートクラッチ」から、モノによっては3枚(トリプルプレート)と枚数をどんどん増やしていくのです。

クラッチの重い理由とは

クラッチ板の枚数は増えるけれど、クラッチ板とエンジン側のフライホイールの隙間が変わるわけではありません。

つまり、クラッチ板が増えた枚数分、隙間は最初から狭まっていくのです。

仮にノーマルで10㎜の隙間があったものが、3㎜程度しか隙間がなくなるとどうでしょう?クラッチペダルを踏み込むことでノーマルなら10㎜の隙間を調整していたものが、3㎜しか動かないスペースでクラッチを完全に切る〜つなぐ〜半クラッチを行わないといけないのです。これは余裕がありません。これは極端な例ですが、実際に操作をしてみると左足がツリそうなくらい操作スペースが狭いことの大変さを実感できると思います。





いかがでしたでしょうか?

圧倒的な速さを実現するためにはハイパワーであることも重要です。そのパワーを余すことなく地面に伝えるために、まずはクラッチが滑らずに力を伝えることから始まるのです。簡単に扱えないからこそ乗りこなせてカッコイイ!ということが、速い車たるべき条件と言っても過言ではないかもしれませんね。

最近のスポーツカーはDCTの登場や多段ATによりイージードライブできる点も魅力ですが、時にはアナログにこれでもか!という重さのクラッチペダルを踏み込んでみるのも悪くはないのでしょうか?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事