マフラーの太さはトルクと馬力に影響を与えるのか?

マフラー

スポーツカーなどで太いマフラーを付けている車をよく見かけます。マフラーは太くした方がパワーが出るのでしょうか?今回は、エンジン出力とマフラーの関係について整理してみましょう。

Chapter
マフラーの役割は?
マフラーの構造はどうなってる?
マフラーは2本出しとか4本出しが良いの?
マフラーの太さとパワーの関係

マフラーの役割は?

どんな車にもマフラーは付いています。このマフラー、そもそも何のために付いているかというと実は「消音」が主目的です。

通常、エンジンは吸気、圧縮、爆発、排気という工程を繰り返しますが、この中で排気の際にマフラーが無いと、とんでもなく大きな音が...。これは高温、高圧になった気体が一気に膨張するため、大きな音が発生するのです。この音を消し、静かにするためにマフラーは存在するようですね。バイクなどではマフラーのことをサイレンサーと呼んだりすることがあるのはこのため。

マフラーの構造はどうなってる?

エンジンから出た排気ガスはまず、エキゾーストマニホールドと呼ばれ、大変高温になる部分を通ります。次に触媒と呼ばれる、排気ガスから有害な物質を取り除く装置を経てエキゾーストパイプを通り、最後にマフラーにたどり着くのです。なかなかこのような全体を見ることは車を下から見ない限り見る機会がないですが、バイクのマフラーなどを見て頂くとイメージがつきやすいので是非見てみてくださいね。

<次のページに続く>
次ページ
マフラーは2本出しとか4本出しが良いの?
商品詳細