【重機萌え】普段は見ることのない特殊車両をまとめてみました。

対人地雷除去機

日本でみることのできない特殊車両のうちの1つである対人地雷除去機。
国内では馴染みのない地雷ですが、世界をみれば特に発展途上国の多くが地雷の問題を抱えています。
そんな問題を解決する1つの手段として、建設機械・重機械分野で国内シェアNo.1のコマツの対人地雷除去機が活躍しています。
写真の対人地雷除去機はヘビーデューティータイプというもので総重量は35トン。
高速回転するドラムによって地中にある地雷を爆発させて地雷を除去します。
地雷の破壊力や爆風にも耐えうる構造をしており、特に地盤の硬い場所などでの地雷撤去も行えるようになっています。
地雷処理の様子は以下の動画でどうぞ。

世界最大級のダンプトラック

コマツが製造する世界最大級のダンプトラックであるコマツ 930E。
積載量296,728kg、最大車体重量498,960kg、最大速度64.5km/hと通常のダンプとは比べ物にならないくらいのスケールです。

タイヤもデカイ!!

大きな車体を支えるためのタイヤも規格外の大きさになっています。
ブリヂストン社製のこのタイヤは外径3,828mm、重量4.860kgという大きさで、タイヤの高さだけで大型観光バス以上の高さになっています。
どれくらいの大きさなのか動画もあわせてご覧ください。

世界最大級の油圧ショベル

お次は世界最大級の油圧ショベルである日立建機のEX8000。
高さは10メートル、重量は800トンにもなり一度に40㎥のものをすくうことができるショベルです。
これだけ大きいと車両価格も高くなり、このEX8000一台だけでも10億円超え。
こんなに大きなショベルいったいどこで使うんだと思いますが、主な作業場所はカナダやオーストラリアなどの鉱山での採掘現場。
日本とは規模が違いますね。

世界最大級のホイールローダー

土や石などを一度に大量に運ぶときに使用するホイールローダーの世界最大クラスの大きさのものがコマツのホイールローダー WA1200。
このホイールローダーも規格外の大きさになっています。


実際の作業場ではこのような光景で使用されるのでしょう。
写真だけでは大きさが伝わりづらいと思うので最後に動画でどうぞ!!


このように普段はみることがないけれど、変わっていて凄い技術のある特殊車両はたくさんあるんですね。

この記事をシェアする

最新記事