ポルシェの1台はVW30台に匹敵!?ポルシェの驚きの営業利益を解剖!

フォルクスワーゲンの基幹ブランド"VW"

フォルクスワーゲンロゴ

2014年の世界販売台数が1000万台に到達し、世界ナンバーワンのトヨタにわずかの差で追っているフォルクスワーゲン・グループ。

基幹ブランド「VW」は、世界の大衆車として広く親しまれてきました。幅広いラインナップを揃え、順調に販売台数を伸ばしています。


高級スポーツメーカーの代名詞であるポルシェは、フォルクスワーゲン・グループの一ブランドです。2012年にフォルクスワーゲンの完全子会社となりました。ポルシェの他にも、アウディ・ベントレー・ランボルギーニ等、高級車ブランドとして有名なメーカーを買収してきました。

販売台数はVWが圧倒!しかし営業利益で見ると・・・

それでは、この2つのブランドを販売台数、そして営業利益という視点から見ていきます。

【販売台数(2013年)】    
VW:470万台          
ポルシェ:16万台       

【営業利益(2013年)】
VW:3994億円     
ポルシェ:3559億円

これはなかなか驚きの数字ですね。販売台数でVWはポルシェの約30倍、しかし営業利益でみるとわずか1.12倍ほどしかありません。

ポルシェ1台でVW30台に匹敵!?

これは単純計算すると、ポルシェ1台の利益がVW車30台分の利益に相当することになります。
それもそのはず、ポルシェの営業利益率は18.0%、それに対してVWはわずか2.9%なのです。

【一台当たりの単価と営業利益】
VW:単価292万円、営業利益8万円
ポルシェ:単価1257万円、営業利益230万円


ポルシェは一台売れれば230万円の利益が出ます。単純に考えると、それに追いつくためにVWは30台を売らないといけない訳ですね・・・

これらの数字を見ると、販売台数は多くないながらも、ポルシェがVWグループの経営に大きく貢献していることがわかります。

ちなみに・・・一番の稼ぎ頭はアウディなんです!

そしてもう一つ、VWグループのブランドで忘れてはならないのが、アウディです。

実は、アウディがグループで最大の稼ぎ頭になっていて、営業利益はVWの3994億円を大幅に上回る、6941億円

この要因は、VWとポルシェの間を取ったような、安定感のある稼ぎ方にあります。販売台数は135万台、平均単価が510万円で、一台当たりの営業利益が51万円。VWほど売らないし、ポルシェほど一台で大きな額を稼がない。

しかし、バランスの取れた販売によって、グループ全体の約半分を占める6941億円の営業利益を達成したのです。

このような数字を見てみると、意外な発見があって面白いですね。情報をうまく活用すれば、お得な買い物ができるかもしれません!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事