新型センチュリーも!? 箱根駅伝大会関係車両の豪華な顔ぶれとは

今回の大会関係車両はGRで統一

GRシリーズ

ピンク色のクラウンやミライなど、話題性のあるクルマを提供してきたトヨタが、今年の大会関係車に選んだのは、スポーツブランドGRから販売されている車両でした。

GR(GAZOO Racing)とは、ル・マン24時間レースやWRCなどに積極的に参戦するトヨタのモータースポーツ部門で、市販車にはスポーツグレードのGRスポーツ、チューニングを施したGR、GRMN(ガズーレーシング・マイスター・オブ・ニュルブルクリンク)などがラインナップされています。

今回の箱根駅伝では、ほとんどがGRブランドのモデルでした。

大会運営車ラインナップ

トヨタ ヴィッツGRMN 2017

関係車両のラインナップは、大会本部車にセンチュリー GRMN、大会会長車はマークX GRMN、運営管理車/ノア、ヴォクシー GRスポーツ、技術総務車/ヴィッツ GRMN、広報車/プリウスPHV GRスポーツといった顔ぶれ。エスクァイアも確認できましたが、ほとんどがGRでした。

過去に、これほどスポーツ系モデルを揃えたメーカーは、なかったと思います。レース界で「モリゾー」として活躍する豊田社長のGRブランドに対する熱意が伝わってきます。

センチュリー GRMNが初お目見え

センチュリー GRMN

※写真は東京オートサロン2019で展示されたセンチュリー GRMN

今年の大会関係車両のなかで、もっとも目立ったのは、大会本部車として運用された白いセンチュリー GRMNです。

2018年にフルモデルチェンジを行ったセンチュリーは、長きにわたりトヨタの最高級セダンとして君臨してきたショーファードリブンですが、センチュリー GRMNは、豊田社長の要望から製作されたスペシャルモデルです。

純正色にはないホワイトパールで塗装されたボディには、ブロンズ塗装のスポイラーを装着、フロントグリルはハニカム構造に変更され、そこにGRMNエンブレムをセット。

ローダウンされた足回りには、19インチの専用アルミホイールと専用ブレーキキャリパーを装着し、走りの性能も抜かりなしと言える手の入れようです。

さらに内装には、純正では設定のないホワイトの本革シート、GRMNを感じられるスイッチ類を装着しています。

何もかもが特別なこのセンチュリーGRMNは、先頭のランナーにつねに追走する大会本部車として、非常に目立っていました。

現在のところ、市販化の予定はありませんが、センチュリーをスポーティに改造するという誰もが考えつかないことを、メーカーの社長がやってしまうというところに、豊田章男社長のクルマ好きな一面が見えてきます。

駅伝 マラソン

毎年箱根駅伝の提供車両で驚きを与えてくれるトヨタですが、今年の驚きは近年まれにみるものでした。これによってGRブランドの販売台数増に直結するのかはわかりませんが、センチュリー GRMNを市販化して、トヨタとGRの本気度合いをアピールしていっていただきたいものです。

-----------------
文・赤井福
大学卒業後、金融業に従事。その後、6年間レクサスの営業マンとして自動車販売の現場に従事する。若者のクルマ離れを危惧し、ライターとしてクルマの楽しさを伝え、ネット上での情報発信を行っている。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives