軽自動車にハイオクを入れると何が起きるのか?

ハイオクとは?

ガソリン

ハイオクとは、ハイオクタンの略で、高いオクタン価を持つガソリンのことです。オクタン価は、ガソリンの自己着火のしにくさ(アンチノック性)を表した数値です。オクタン価が高ければ高いほど、ノッキングが起きにくいガソリンとなります。

ガソリンエンジンは、シリンダー内で圧縮された混合気に点火し、燃焼させることで力を得ています。この点火する前に混合気が発火してしまうと、異常燃焼(ノッキング)が発生します。ノッキングが起きると、異常音が発生し、オーバーヒートや最悪の場合、エンジンブローを起こすこともあります。

オクタン値が高いガソリンは、自己着火しにくいかわりに、ノッキングが起きにくいという特徴があり、エンジンの圧縮比を高めることが可能になります。

ハイオク仕様車にレギュラーガソリンを入れると?

ガソリンスタンド

JIS規格によると、ハイオクガソリンはオクタン価が96以上、レギュラーガソリンは89以上とされていますが、販売されているガソリンは、ハイオクがほぼ100、レギュラーは90です。

もしもハイオク指定のエンジンにレギュラーガソリンを入れてしまった場合、現代の車両にはノックセンサーが搭載されているため、ノッキングを検知すると、コンピュータが点火タイミングを調整して異常燃焼を回避します。

本来のタイミングで点火していないエンジンは、トルクや加速性の低下を招くことになります。レギュラーガソリンを入れると、加速が悪くなったと感じるのはそのためです。

軽自動車にハイオクを入れると?

軽自動車は、コストを抑えられるようほとんどの車両がレギュラー仕様になっています。そんな軽自動車にハイオクガソリンを入れるとどうなるかというと、まったく問題ありません。

若干の加速の向上がみられるかもしれませんが、ハイオクとレギュラーの価格差を埋めるほどではないでしょう。

それよりもハイオクガソリンには清浄材が含まれているため、エンジン内部についた汚れを洗浄して、吸気バルブといったエンジンパーツを保護する働きも期待できます。エンジン内の汚れがなくなると、エンジン本来の性能が回復できるため、燃費もよくなる可能性があります(※実数値での変化は確認されていません)

ただし、この効果は、レギュラーガソリンと混ぜて使うと低減してしまうので、最初からずっとハイオクを使い続けるほうが良いと言われています。


ハイオクガソリンは、アンチノック性が高いガソリンのことで、品質の違いと考えると間違いです。

ハイオクガソリンを使うと、ノッキング自体が起きにくくなるメリットがありますが、レギュラーガソリンを前提に設計されたエンジンは、アンチノック性が低い(レギュラー)ガソリンを入れてもノッキングが起こることはまずありません。

-----------------
文・赤井福
大学卒業後、金融業に従事。その後、6年間レクサスの営業マンとして自動車販売の現場に従事する。若者のクルマ離れを危惧し、ライターとしてクルマの楽しさを伝え、ネット上での情報発信を行っている。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives