車の寿命を縮めていた!? 無意識にやりがちなNG行為5選

①タイヤ止めにタイヤを接触させて駐車する

タイヤ止め 駐車場

駐車場のタイヤ止めに、クルマのタイヤを接触させた状態で駐車をする行為は、車の寿命を縮める恐れがあります。

タイヤ止めにタイヤをドスンと当てた状態で停車をすると、足回りのブッシュに力がかかった状態でクルマを駐車することになり、ブッシュは変形した状態のままになってしまいます。

一時的なものなら問題はありませんが、長い期間ブッシュが変形したままだと、劣化が早まってしまいます。駐車の際、タイヤ止めにタイヤが当たったら、ほんの少しだけ位置を戻すだけでブッシュの変形を防ぐことができます。

②サイドブレーキを掛けることなくPレンジで停める

サイドブレーキ

オートマチック車でシフトをP(パーキング)レンジに入れると、内部のギアが金属の爪によって動かなくなる仕組みになっていて、タイヤが固定されます。

そのため、シフトポジションをPにしただけで、クルマを駐車する方がいます。しかし、その際にサイドブレーキを掛けていないと、クルマがなんらかの理由で動いた場合に、爪が外れにくくなることがあります。

駐車は、サイドブレーキで車を確実に止めてからPレンジに入れるというやり方が理想です。

③止まったままステアリングを回す

ハンドル 押す

停車状態でステアリングを回す、いわゆる据え切りもクルマの足まわりにダメージを与えます。

据え切りは、タイヤの消耗が進む、ステアリング機構に負担がかかる、FFではロックするまでステアリングを切った状態でアクセルを入れるとドライブシャフトに負担がかかる、など百害あって一利なしと言っても過言ではありません。

狭い駐車場などで切り替えを何度もしなければならないときは別にしても、普段、必要のない場面では据え切りをしないようにしましょう。

次ページ無意識にやりがちなNG行為④、⑤

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives