いまやとっても複雑!? 大家族になったミニを整理してみよう

BMWブランドとしてリ・スタート!初代ミニ

BMW MINI クーパー 2001 初代

【ボディスタイル】
ハッチバック、コンバーチブル

1990年代に起こった欧米自動車メーカーの再編によって、BMWのブランドとしてリ・スタートを切ることになったミニ。革新的なFFの傑作車として知られる名車をどのようにBMWがアレンジするのか、世界中から高い関心を持って見守られるなか、2001年に新型ミニが発表されました。

当初のボディは、3ドアハッチバックのみ。グレードは、ONEとクーパーのみで、2003年に高性能モデルとなるクーパーSが登場。2004年には、ハッチバックをベースとした電動開閉式ソフトトップをもつ4人乗りコンバーチブルが追加されました。

初代ミニのラインナップは、ハッチバックボディに、ONE、クーパー、クーパーSの3グレード。コンバーチブルは、クーパー、クーパーSの2グレードを展開していました。

初代ミニは、誰しも3ドアハッチバックを想起した”わかりやすい時代”だったと言えるでしょう。

初代 ミニクーパー 画像ギャラリー

いきなり大家族になった、2代目ミニ

BMW MINI クーパー 2007 2代目

[ボディスタイル]
ハッチバック、コンバーチブル、クラブマン、クロスオーバー、クーペ、ロードスター、ペースマン

2007年にフルモデルチェンジを行ったミニですが、当初は初代同様にハッチバックとコンバーチブルのみの設定でした。しかしこの第2世代となってからのミニは、新しいボディスタイルを次々と追加していきます。

まず最初に加わったのが、2008年に登場したクラブマン。観音開きのリアゲートと、運転席ドアの後方に小さなサブドアを持つワゴン(ミニではシューティングブレイク)で、グレードはクーパーとクーパーSの2種が用意されました。

さらに2011年になると、4ドアのSUVモデル、クロスオーバーが登場。ヨーロッパでは「カントリーマン」と呼ばれていましたが、日本では同様の車名がすでに商標登録されていたことで、クロスオーバーを名乗ることになりました。グレードは、ONE、クーパー、クーパーSと、AWDのクーパーS オール4も設定されていました。

また同じ年に2シーターのクーペ、翌2012年には2シーターオープンのロードスターが加わります。クレードは、いずれもクーパーとクーパーSが用意されていました。

そして2013年になると、今度はクロスオーバーの3ドア版となるペースマンまで登場。2代目ミニは、全部で7種類のボディバリエーションを備える大家族となったのです。

2代目 ミニクーパー 画像ギャラリー

さらに複雑に…3代目ミニ

BMW MINI クーパー 2013 3代目

[ボディスタイル]
3ドアハッチバック、5ドアハッチバック、コンバーチブル、クラブマン、クロスオーバー

2代目ミニは2013年まで生産され、2014年に現行型である3代目ミニへとフルモデルチェンジを行います。このときに一大ニュースとなったのが5ドアのハッチバックが出現したこと。これにより、ユーザーは3ドアと5ドアのハッチバックを選べるようになりました。

さらに3代目ミニが複雑にしているのは、2シーターのクーペとロードスターが早々と廃止され、ペースマンのみしばらく販売が継続されていたことです。2代目で7バリエーションという大家族になったものの、一部モデルがなくなってしまったため、どのモデルがいつまで生産されていたのか、把握しにくくなってしまったのです。

ちなみに2018年時点でのミニのボディバリエーションは、3ドアハッチバック、5ドアハッチバック、コンバーチブル、クラブマン、クロスオーバーの5種類となっています。

3代目 ミニクーパー 画像ギャラリー

次ページボディスタイル以外にもややこしい要因がある

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives