新車、中古車、レア車、それぞれどこで整備すればいいの?

新車の場合はディーラーがいちばん

自動車整備工場

新車を購入するときに、ほとんどの方がお世話になる新車ディーラー。正規ディーラーであれば、個体特有のトラブルや症状も把握しており、それに合わせた修理を的確に行ってくれるため、安心して愛車の整備を任せることができます。

また、最近の自動車はコンピューターによる診断が必須で、その機器でないとトラブルを見つけることさえままならないことがあります。そういった心配もディーラーなら必要がありませんし、消耗品類や交換パーツが普段から揃っているので、パーツの取り寄せに時間がかかるようなこともないのです。

ただし正規ディーラーは、消耗品ひとつとってもメーカー側から指定されている修理手順があり、「できるだけ安くしてほしい」というユーザー側の希望に応えられないこともあり、金銭面で考えると、つねに”最適”とはならないあたりが悩ましいところです。

中古車の場合もディーラーがいい

自動車整備場

では中古車を購入した場合は、どこに整備を頼むのが良いのでしょうか。

基本的に新車を取り扱う正規ディーラーでは、取り扱っている車種の整備や修理を拒むことはありません。

他で購入した中古車でディーラーへ出かけるのは、ちょっと気が引けるという方もいらっしゃるかもしれませんが、ディーラー側にとってはむしろウェルカム。オイル交換に足を運んでくれるだけでも、ユーザーとの接点ができるのは、ディーラーにとってメリットが多いのです。中古車だからといって、遠慮する必要はまったくないのです。

最近では、新車ディーラーが自社のネットワークを使って、認定中古車も積極的に販売を行っています。それらを利用すれば新車購入時に劣らないほど手厚い保証を受けることができます。

難しいのがレア車の場合

いちばん整備に出す場所を選ぶのが、マイナーな車種やレアなモデルの場合です。日本に正規輸入されていなかったり、すでに販売が終了となっているような車は、整備に出すお店もかなり限られます。

基本的には、購入したカーショップに依頼するのがいちばんですが、なかには個人売買で購入したり、購入したお店がすでに存在しないといったケースもあります。

そんなときは、自動車雑誌、あるいはインターネットなどでショップを探してみましょう。どうしても見つからない場合は、SNSなどで同好の士を探して、相談してみるのもひとつの手です。長く旧車やレア車に乗っている人は、それなりのコネクションを持っているものです。どんなにマニアックなモデルでも、修理に応じてくれる専門ショップが存在します。

ただし、そのお店が必ずしも自分の住んでいる地域にあるとは限らず、場合によっては、整備のためにはるばる遠方まで足を運ぶことになってしまうかもしれません。

それでも足を運ぶことをおすすめする理由は、そういった専門ショップは車に対する想い入れが強く、オーナーのことを真剣に考えてくれるので、安心して修理や整備を任せることができるのです。

ローレルやソアラも?出会ったらラッキーかも。 日本の激レア限定車達
ディアマンテやヴィヴィオ等…今なら30万円以下で買えるレアな名車5選!
整備手帳

愛車の面倒を診てくれる”主治医”を見つけるのは、簡単そうで意外と難しいもの。基本的には購入したディーラーに依頼するのがお手軽かつ安心ですが、それ以外でも優れたドクターは存在します。

新車ディーラーでは、基本的に全国共通のサービスを受けることができますが、製造から20年、30年という月日が経った旧車やレア車になると、ディーラーによっては、受け付けてくれない(または修理に時間がかかる)ことがあります。そんなときは、情報を集めて、新しいお店の門をたたいてみるのも一興です。

ディーラーや専門店などプロのネットワークを有効活用して、ストレスのないカーライフを楽しみましょう。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives