クルマの防弾ガラスはどれだけ頑丈なのか?

防弾車とは

キャデラック プレジデンシャル リムジン

防弾車はその名の通り、外からの銃撃に対し、銃弾を貫通させないよう設計された自動車です。一般的にその外見は、普通の高級車で、要人輸送のほか、警察用、貴重品輸送などの用途もあります。

有名なところでは、2017年にアメリカのトランプ大統領が訪日した際、別便で運ばれてきた大統領専用車両「ビースト」があります。

ビーストは窓ガラスに防弾ガラスが使用されるほか、ボディ部にも特殊鋼などが使用されています。

防弾ガラスってどんな構造なの?

防弾ガラス スモークガラス カーテン

防弾車の製造を手掛け、日本政府関係車両も扱う株式会社セキュリコによると、自動車用防弾ガラスには、通常、ポリカーボネート積層型防弾ガラスという特殊なガラスが使用されているそうです。

一般的な自動車の合わせガラスは、2枚のガラスを強靭な特殊中間膜で貼り合わせたものですが、防弾車の合わせガラスは、生板(フロート)ガラスを何層か積層し、さらに内側にポリカーボネートを接着したものだそう。

幾層にも重ねたガラスの層で弾丸を受け止め、そして閉じ込める、というメカニズムになっており、戦車のように、キンキンと銃弾を弾き返すわけではないのです。

さらに内側のポリカーボネートの層が着弾時に発生するスポール(有害な高速の破片)が、車室内に飛散しないようになっています。

どのくらい頑丈なの?

防弾ガラスの防御能力については、NIJ規格(NIJ-0108.01)が指標としてよく用いられます。この規格は、米国の国立司法省研究所(NIJ : National Institute of Justice)が制定したもので、防弾ガラスの能力を6段階でランク付けしています。

一番性能が低いレベルは、警察官などが所持している一般的な拳銃の弾を阻止することが可能。最高レベルは、強力なライフルの弾丸も貫通させない能力を持ちます。

ただし防弾ガラスは、防弾効果を上げるために、生板(フロート)ガラスが使用されているため、小石などがガラスに当たっただけで簡単に割れてしまう、という欠点があります。

また、寒冷地においては、ガラスが凍り付いた状態で暖房をつけると、中間膜や内側のポリカーボネート層が剥離してしまうこともあるため、寒冷地での使用には熱線ヒーター入りの防弾ガラスが必要です。

ちなみに、通常のクルマのガラスは20年経っても問題なく使用できますが、防弾ガラスは、中間膜や内側のポリカーボネート層が熱に弱いため、その耐用年数は3年から6年ほどといわれています。

次ページ世界のいろいろな防弾車

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives