ガソリンは朝に入れるべきという噂の真相は!? ガソリン代を余分に払わないための裏技5つ

裏技その1、一番安くなる支払方法を賢く選ぶ

ガソリンの値段は、ほとんどのガソリンスタンドで、現金、クレジットカードなど支払手段によって違っています。もっとも安いのは現金と思われがちですが、スタンドで独自に発行するプリペイドカードを購入すると、より安くなります。

また、石油関連会社のクレジットカードで給油すると、現金会員価格より値引きが大きかったり、ポイントが付いたりといったメリットがあります。


裏技その2、運転の仕方に注意する

アクセルペダル

アクセルの開け方踏み方ひとつで、燃費はかなり変わります。とにかく加速時にガソリンをたくさん消費するので、加速は周囲に煽られない程度でゆっくりと。加速をしてからブレーキを踏んで速度を調節するのは、燃費に悪影響です。

AT車ならクリープを利用して、ブレーキから足を離して車両が転がりだしてから、アクセルを踏むようにすると、無駄な加速を避けることができます。

減速は、直前でフットブレーキを多用するよりも、エンジンブレーキを使ったほうが、アクセルを踏んでいる時間が短くなるので燃費が良くなります。

車が勝手に動く「クリープ現象」ってなに?
エンジンブレーキを使うと燃費が悪くなるのは嘘だった!?

裏技その3、無駄な荷物を積まない。タイヤの空気圧をチェックしよう。

周知の事実ですが、無駄な荷物を積まないことも燃費を良くします。小さなことですが、積み重なると結構な重さになっていることがあるので、車を荷物倉庫代わりに使わないようにしましょう。

また、タイヤの空気圧が落ちていると、路面の抵抗がふえるので、燃費が悪くなります。タイヤの空気圧もこまめにチェックしましょう。

高速走行時のためにタイヤの空気圧を高めにする考えは古い!? 正しいメンテナンス法とは?

次ページガソリンは朝入れるべき、という噂の真相は?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives