「燃料残量警告灯(ガソリンランプ)」が点滅しても、あと50kmは走行できるって本当?

ランクル 60系

車を運転していれば、ほとんどの人が「燃料残量警告灯(ガソリンランプ)」の点灯を経験するでしょう。中には、メーターが「半分になったら給油する」「4分の1以下になったら給油する」という人もおり、警告灯とは無縁!というケースもあるかもしれません。

逆に最近は、燃費節約のためにガソリンを半分しか入れない、というドライバーも増えているようです。この「燃料残量警告灯」は、どのようなタイミングで点灯するのでしょうか?

Chapter
そもそもガソリンタンクの容量はどうやって決まる?
点灯するタイミングは車種によって様々
点灯して50km走行の根拠は?
ガス欠になってしまったらどうすればいい?
ガス欠がクルマに与える悪影響
最近、流行のディーゼル車は特に大変

そもそもガソリンタンクの容量はどうやって決まる?

ガソリンタンクの容量、つまり満タンの際に入るガソリンの量は、車種やグレードによって違います。一般的には軽自動車やコンパクトカーなど、排気量の小さい車の場合は25〜40L。コンパクトカーは40L前後。2L以上のガソリン車では50〜70Lと、排気量と車格に応じた量になっています。

満タンなら、軽自動車やコンパクトカーなら300〜400km程度。2リッタークラスより上なら500km以上は走れるサイズとしている場合もあるようですが、最近では、燃費が向上したことと室内スペースの効率をよくするため、軽自動車の燃料タンクが小さくなっているようです。

ちなみに、筆者が以前乗っていた5L車のガソリンタンク容量は、120Lでした。

※ セルフスタンドでは、危険物取扱の資格がない人が1回に給油できる量は100Lまでです。

点灯するタイミングは車種によって様々

「燃料残量警告灯」は、どんなタイミングで点灯するのでしょうか?実はこちらも車種やグレードによって変わります。以前は乗用車なら10L以下、軽自動車なら5L以下など、ざっくりとした基準がありましたが、現在では燃費を基準に、少なくとも50km程度は走れるレベルで点灯することが多いようです。

50Lのタンクで燃費が10km/Lの車ならおよそ5L以下になったら点灯ということになりますね。また、プラットフォームを共用し、同じガソリンタンクを使っている車の場合、点灯のタイミングは燃費の悪いほうに合わせますので、燃費がとても良い車であれば残量警告灯が点灯しても100kmは余裕で走れるというケースもあります。

<次のページに続く>
次ページ
点灯して50km走行の根拠は?