昭和50年代にヒットした懐かしのクルマ5選

①マツダ ファミリア(5代目)

マツダ ファミリア 5代目

小型車から始まった世界的なFF化の波が押し寄せるなか、FRの大衆車として販売されていたマツダ ファミリアが、昭和55年(1980年)に5代目へとモデルチェンジしました。

サスペンションは新開発の4輪ストラットを基本とし、前輪にはネガティブキャンバーオフセット、後輪にはコーナリングの際に台形リンクがトーアウトを打ち消すSSサスペンションを採用し、簡潔な構造ながら、抜群の操縦安定性とスポーティな走りを実現していました。

さらに、ウエッジの利いたデザインと大きなガラス面積を持つスポーティなフォルム。充実した装備と快適性。そしてイメージカラーの赤は若い世代に人気となり、生産開始から27ヶ月で100万台のセールスを記録。記念すべき第1回日本カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれています。

とはいえ、なによりも5代目ファミリアを象徴するのは、赤いボディカラーの3ドアハッチバックです。巷のサーフィンブームと同時並行で、ファミリア ハッチバックが若者に流行すると、サーフボードをルーフキャリアにボルトで固定させた赤いファミリアに乗る「陸(おか)サーファー」が誕生。社会現象にもなったのです。

②スズキ アルト(初代)

スズキ アルト 初代 1979

昭和50年代の軽自動車には、15%を上回る物品税が課されていました。このときスズキは、商用車であれば非課税となることに着目、軽自動車市場に一石を投じる新型車を開発します。

そこから導き出されたコンセプトは、「2人乗りの軽ボンネットバン」というもので、買い物や子供の送り迎えなどに自動車を使う主婦層がターゲットとなりました。

当時の一般的な軽自動車価格は60万円程度、さらに物品税が課税されていました。そんななか、スズキはアルトを新車価格45万円とする目標で開発します。

徹底的なコストダウンと原価の見直しが開発陣に命じられ、結果的に物品税が非課税で、かつ普段使いに便利な軽自動車が47万円、という衝撃の価格で、昭和54年(1979年)に発売されることとなりました。

アルトはこの価格を実現するため、助手席の鍵穴を省略したり、ウィンドウォッシャーを手動ポンプ式にしたりと、コストを抑えるための工夫を各所に取り入れていました。

③トヨタ ソアラ(初代)

トヨタ ソアラ 初代 1981
トヨタ ソアラ

初代ソアラの開発は、昭和51年(1976年)に始まりました。当時、小型の日本車は、海外において高い評価を得ていましたが、高級車に関しては良い評価を得られていませんでした。そこでトヨタは、世界レベルで通用する高級GTカーの開発に着手、昭和56年(1981年)にソアラを発売しました。

ソアラは全グレードにDOHCの6気筒エンジンを搭載。上級グレードには、クルーズコントロールや、当時流行した音声警告機能、タッチパネルで操作できるマイコン式オートエアコンやドライブコンピューターなども用意されるなど、当時の先端技術を積極的に取り入れ、高級パーソナルクーペ市場におけるイメージリーダーとなりました。

次ページ日産 ブルーバードやホンダ シビックなど…

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives