地図帳は必須アイテム!三角窓、匂い玉…懐かしい昭和の車あるある10選!

窓 手動 NV100

現在でも普通にカー用品店などで販売されて、実際に使われているものもあります。今回は、昭和時代に全盛期だった、懐かしい「昭和の車あるある~」を集めてみました。

Chapter
①リアウインドウに毛ばたきが入ってる!
②音楽はカセットデッキで。
③外気導入のパネルをフル活用!
④100㎞/h超えると鳴る、速度警告音「キンコン」が鳴る
⑤窓を開けるには、手動でクルクル!
⑥地図帳は必須アイテム!
⑦セダンにはレースのシートカバーがお約束。
⑧三角窓で空気の入れ替え
⑨水中花が入ったシフトノブ
⑩灰皿の中にはピンク、緑、黄色な蛍光色の匂い玉

①リアウインドウに毛ばたきが入ってる!

クラウンやセドリックなど、黒塗りの高級車のリアウインドウの下でよくみかけた毛ばたき。ちなみに、毛ばたきの素材は、オーストリッチやニワトリ。高級品だと3万円以上するものもあります。

また毛ばたきとは、あくまでもホコリを払うもの。泥汚れなどには使えません。いまでも運転手付きの車やハイヤーなどが、駐車場で待機しているときに運転手とおぼしき人が毛ばたきを使っているのを目にします。

ワックスで磨き上げられたボディは、それなりに効果があるのでしょう。

②音楽はカセットデッキで。

※写真はイメージです

昭和の時代はカセットテープが再生できれば良いほうで、オーディオはAM/FMラジオしかない、またはAMラジオしか聞けない!という車も少なくありませんでした。

このカセットテープの前は8トラックカセット、後はMDデッキと、記憶にある機器によって年齢が異なります。

ちなみに筆者のクルマは、平成10年式ですが新車購入時にはカセット+AM/FMラジオでした。

<次のページに続く>
次ページ
③外気導入のパネルをフル活用!
商品詳細