セルフスタンドにある静電気除去パッド。触れずに給油は危険です!

なぜ、昔はフルサービスのガソリンスタンドしかなかったの?

ガソリンスタンド

特石法(特定石油製品輸入暫定措置法)の廃止や、『危険物の規制に関する規則』の改正などが影響し、ガソリンスタンドの総数は近年、大幅に減少しています。そんななかでも、セルフ式の店舗はその数を伸ばしており、経済産業省の発表によると、平成26年度末の時点で、日本国内のガソリンスタンドのうち、約3割がセルフ式の店舗となっているようです。

セルフ式店舗の魅力は、なんといっても価格の安さ。フルサービスの店舗に比べ、人件費を抑えられるぶん売価を安く設定しています。また店員のセールストークを聞かずに済むというのも、魅力のひとつだと言えるでしょう。

また、意外とセルフ式のほうが、短い時間で給油を終わらせることができたりもします。フルサービスの店舗だと、店員の対応待ちや、クレジットカードで支払うと認めのサインを求められます。

ところがセルフ式なら、たとえ混んでいても前のクルマの給油が終われば、すぐに給油ができますし、クレジットカードなどで支払うと、ノズルを置くとすぐにレシートが出て、サインを書いたり、お釣りを受け取るというわずらわしさもありません。

そんな便利なセルフ式ですが、1998年まではフルサービスのガソリンスタンドしか存在しませんでした。危険物の特性を知らないドライバーが、ガソリン等を取り扱うことが危険とされていたのです。しかしながら、1998年4月に消防法が改正され「顧客にみずから給油などをさせる給油取扱所」の運用が可能となり、セルフ式のガソリンスタンドが登場しました。

静電気除去しないといけないワケ

静電気除去

導入にも書いたように、セルフ式ガソリンスタンドでは「静電気除去パッドに触れてから給油を始めてください」というアナウンスが流れます。その理由は、静電気の火花でガソリンに引火するためです。

これはガソリンの揮発性は非常に高く、燃料の給油キャップを外すときに発生する給油口火災(ガスキャップファイヤー)を未然に防ぐことを目的としています。

ちょっと触れるだけなのですが、正直、面倒ですよね。でも、いつなにが起こるのかわからないというのも事実。ノズルを持つ前にさっとタッチするクセをつけておきましょう。

実際に静電気が原因の火災や爆発は、年に数件発生しています。特に冬季は静電気がたまりやすいので注意が必要です。

では、フルサービスの店舗で働く店員さんは、「静電気除去」をしていないように見えますが、大丈夫なのでしょうか?

次ページフルサービス店舗の店員さんは「静電気除去」が必要ない!?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives