「岐阜・奥飛騨温泉郷」周辺観光スポットおすすめ10選!紅葉や雪景色の中を絶景ドライブ!

奥飛騨温泉郷 平湯温泉、温泉、湯煙り、足湯

奥飛騨温泉郷は、平湯・福地・栃尾・新穂高・新平湯の5つの温泉エリアを持ち、露天風呂や豊富な湯量が日本でも高い評価を得ている温泉地です。

また、北アルプスにもほど近く、四季様々な風景が見られる場所としてドライブやアウトドアも楽しめます。

東京からは車で約4時間30分、大阪からも車で約4時間30分程度。ロングドライブにはなりますが、それだけの価値ありの奥飛騨温泉郷周辺の観光スポットをご紹介します。

※2021年12月時点の情報です

Chapter
1.紅葉の時期は最高!飛鷹高山が一望出来る「新穂高ロープウェイ」
2.飛騨高山の観光と言えば「古い町並み」散策
3.赤ちゃんクマと記念撮影!「奥飛騨クマ牧場」
4.日本一標高が高い「飛騨大鍾乳洞」
5.露天風呂を持つ宿が多く集まる「新平湯温泉」のおすすめ宿「千寿」
6.露天風呂を持つ宿が多く集まる「新平湯温泉」のおすすめ宿「三蔵庵」
7.素朴かつ庶民的な宿が集まる「栃尾温泉」のおすすめ共同露天風呂「荒神の湯」
8.「福地温泉」と名物五平餅が堪能できる「昔ばなしの里」
9.露天風呂完備の「奥飛騨温泉郷オートキャンプ場」
10.平湯温泉にある「ひらゆの森」では大自然の中で露天風呂を満喫できる
全国旅行支援を活用しておトクに旅行しよう

1.紅葉の時期は最高!飛鷹高山が一望出来る「新穂高ロープウェイ」

日本で唯一の2階建ゴンドラで有名な「新穂高ロープウェイ」は、観光の名所。

紅葉の時期をはじめ、春の新緑や夏の緑生い茂る季節、雪景が美しい冬の時期全てがパーフェクトと言える素晴らしい絶景を眺める事が出来ます。

ゴンドラは2区間に分かれており、第1区間降り場周辺には2.3kmのハイキングコースがあります。のんびりお散歩もおすすめです。また、足湯もあるので紅葉を見ながらの足湯タイムや、散策後に立ち寄っても良いですね。

そして第2区間の到着地は標高2156m。展望台から眺める360度パノラマの世界は、思わず声をあげたくなるほどの絶景です。奥飛騨温泉郷の観光には外せないスポットの一つです。
 
<新穂高ロープウェイ>
住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂新穂高
電話:0578-89-2252
営業時間:(4月1日~11月30日)8:30~16:00
     (8月1日~8月31日) 8:00~16:30
     (10月の土・日・祝)8:00~16:00
     (12月1日~3月31日)9:00~15:30
料金:
<第1・第2ロープウェイ連絡>
(往復)大人3000円 小人1500円
(片道)大人1700円 小人850円
<第1ロープウェイ>
(往復)大人600円 小人300円
(片道)大人400円 小人200円
<第2ロープウェイ>
(往復)大人2900円 小人1450円
(片道)大人1600円 小人800円
休業日:無し
駐車場:有り(有料)

参照:【公式サイト】新穂高ロープウェイ
URL:https://shinhotaka-ropeway.jp/

2.飛騨高山の観光と言えば「古い町並み」散策

飛騨高山に観光に訪れた際に、ぜひお散歩を兼ねて訪れて欲しいスポットが「古い町並み」です。

JR高山駅から広小路通りを東方へ歩いて約役5分。上町と下町の三筋辺りを「古い町並み」と呼び、格子屋根の昔ながらのお店が連なり、時代が昔にタイムスリップしたような気分にさせてくれます。

懐かしい駄菓子屋さんや、名物のみたらしだんご屋、造り酒屋や伝統工芸店、また飛騨牛のおにぎりやコロッケを販売しているお店などが沢山あります。情緒溢れる飛騨高山の「古い町並み」は、ほのぼのとした時間が流れる散策におすすめの観光のスポットです。
 
<古い町並み>
住所:岐阜県高山市上三之町周辺
電話:0577-32-3333(高山市観光課)
営業時間:店舗により異なる
休業日:店舗により異なる
駐車場:無し(周辺に有料駐車場あり)

参照:飛騨高山 古い町並 - ぎふの旅ガイド
URL:https://www.kankou-gifu.jp/spot/1209/

3.赤ちゃんクマと記念撮影!「奥飛騨クマ牧場」

奥飛騨温泉郷には、100頭余りのクマに出会える「奥飛騨クマ牧場」があります。

目玉は何と言っても赤ちゃんクマとの貴重な記念撮影。クマのショーでは、三輪車に乗っている姿や逆立ちやバスケットボールなど、大きな拍手を挙げたくなるほど立派な姿を鑑賞することができます。

園内にはクマの餌が100円で売られているので、気軽にクマに餌をあげる事も出来ます。おねだりするクマの姿がとってもかわいいですよ。新平湯温泉から車で5分ほどなので、温泉前に立ち寄ってみてはいかがですか。
 
<奥飛騨クマ牧場>
住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷一重ヶ根2535番地
電話:0578-89-2761
営業時間:8:00~17:00
料金:中学生以上1100円 3歳~小学生600円
休業日:無し
駐車場:有り(無料)

参照:岐阜高山新平湯温泉でこぐまと撮影 奥飛騨クマ牧場
URL:https://kumabokujyo.com/

4.日本一標高が高い「飛騨大鍾乳洞」

日本の約80カ所ほどある鍾乳洞のなかで、最も標高の高い場所にあるのが「飛騨大鍾乳洞」です。

周辺は2億5千年ほど前までは海底だったため、長い年月をかけて石灰石が雨水により変形し、鍾乳洞が出来上がりました。赤や青のライトに照らされた竜宮の夜景や、洞窟内に出来る曲がりくねった石(ヘリクタイト)、大きな空間が広がっている洞穴シールドなど、見どころが満載です。それぞれのポイントがライトアップされているので、幻想的な鍾乳洞を見る事が出来ます。

アクセスも良く、JR高山駅から車で30分ほどの距離です。

<飛騨大鍾乳洞> 
住所:岐阜県高山市丹生川町_日面1147
電話:0577-79-2211(飛騨大鍾乳洞株式会社)
営業時間:(4月~10月)8:00~17:00
     (11月~3月)9:00~16:00
料金:(飛騨大鍾乳洞・大橋コレクション館共通券)高校生以上1100円 小中学生550円
休業日:無し
駐車場:バス20台、普通車300台(無料)

参照:飛騨大鍾乳洞&大橋コレクション館
URL:https://www.syonyudo.com/

5.露天風呂を持つ宿が多く集まる「新平湯温泉」のおすすめ宿「千寿」

新平湯温泉 千寿 新平湯温泉 千寿

14,000円〜(税込)

A5ランクの飛騨牛尽くしのお料理がボリュームたっぷり!

奥飛騨温泉郷の一つ「新平湯温泉」は、平湯川に沿って温泉街が続き、露天風呂所有の温泉宿が多いのが特徴です。また、昔ながらの小さな温泉宿から近代的な温泉旅館が揃っています。

その中でもおすすめの宿は「千寿」。

露天風呂が1カ所と内湯が2カ所あり、貸切風呂も無料です。他のお客様に気を遣うことなくゆっくり過ごせます。お食事も、名産の飛騨牛を使ったすきやきやステーキが堪能出来ます。

住所
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷一重ヶ根212
電話
0578-89-3388
営業時間
24時間
休業日
無し
駐車場
有り(無料)

6.露天風呂を持つ宿が多く集まる「新平湯温泉」のおすすめ宿「三蔵庵」

湯う香 三蔵庵 湯う香 三蔵庵

14,700円〜(税込)

お部屋の専用風呂で24時間お好きな時間に入浴!お部屋食で飛騨牛も堪能

奥飛騨温泉郷の一つ「平湯温泉」は、5つある奥飛騨温泉郷の中でも一番古い温泉街です。その中でもおすすめなのは「湯う香 三蔵庵」。

全6室に半露天風呂が付いており、二間続きの広々としたお部屋が魅力の宿です。露天風呂も2つあり、好きな時間に貸切露天風呂が楽しめます。

室町建築風の建物も、古き良き時代の良さを生かした趣きある雰囲気で落ち着きますよ。女性には、嬉しい選べる浴衣サービスもあります。

住所
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯672-1
電話
0578-89-2314
営業時間
24時間
休業日
無し
駐車場
有り(無料)

7.素朴かつ庶民的な宿が集まる「栃尾温泉」のおすすめ共同露天風呂「荒神の湯」

奥飛騨温泉郷の一つ「栃尾温泉」は、高原川や蒲田川が流れており、川の近くの温泉街として、釣りを兼ねて日帰りの温泉に訪れる方が多い温泉街です。その為、日帰りの入浴が楽しめる温泉が多く点在しています。

「栃尾温泉」でおすすめの共同露天風呂は「荒神」。なんと入浴料は寸志

露天風呂からの眺めは最高です。周りを見渡せば、山。秋には紅葉、冬には雪をかぶった美しい山の風景が遮る物無く見渡せます。開放感があり、大自然を目一杯感じられるでしょう。露天風呂のみのため、雨の日は避けるのがよいでしょう。

<荒神の湯>
住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷
電話:0578-89-2614(奥飛騨温泉郷観光協会)
営業時間:8:00~22:00(月水金は清掃の為12:00~)
料金:寸志(200円程度)
休業日:無し
駐車場:有り(無料)

参照:荒神(こうじん)の湯 | 奥飛騨温泉郷観光協会
URL:https://www.okuhida.or.jp/archives/2199

8.「福地温泉」と名物五平餅が堪能できる「昔ばなしの里」

福地温泉は奥飛騨温泉郷の一つで、平安時代に村上天皇が療養に訪れた由緒ある温泉地です。

そんな福地温泉にある「昔ばなしの里」には、共同浴場の石動の湯をはじめ、囲炉裏で焼いた手作り五平餅が食べられる五平餅村があります。甘いタレともちもちとした生地で、何個でも食べられちゃいますよ。

また、同じ敷地内では、奥飛騨温泉郷で一番古くからある朝市が毎朝開催され、採れたての野菜やキノコなどが購入出来ます。お婆ちゃんの田舎を連想させる「昔ばなしの里」は、古民家が立ち並ぶエリアにあるので、ゆっくり古民家を見学しながら散策するのもおすすめです。
 
<昔ばなしの里>
住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷福地
電話:0578-89-2793
営業時間:(夏期)10:00~17:00
     (冬期)10:00~16:00
料金:入場料無料、石動の湯は大人500円 小人300円
休業日:毎週水曜日
駐車場:有り(無料)

参照:昔ばなしの里 | 飛騨高山観光公式サイト
URL:https://www.hidatakayama.or.jp/watch/%E6%98%94%E3%81%B0%E3%81%AA%E3%81%97%E3%81%AE%E9%87%8C/

9.露天風呂完備の「奥飛騨温泉郷オートキャンプ場」

奥飛騨の大自然溢れる中にある今話題のキャンプ場が「奥飛騨温泉郷オートキャンプ場」です。利用者が無料で入浴出来る露天風呂があり、沢山の人達がキャンプに訪れるつつある話題のスポットです。

小さなお子様が遊べる遊具はもちろん、水遊び出来る川や釣り堀、体を動かして思いっきり遊べる広大な広場もあります。夜には綺麗な星空を眺めながら語り合うのもおすすめです。日帰りでも散策として訪れることが出来るので、自然を堪能したい人におすすめの観光のスポットです。
 
<奥飛騨温泉郷オートキャンプ場>
住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷田頃家11-1
電話:0578-89-3410
営業時間:(デイキャンプ)9:00~16:00
     (宿泊キャンプ)13:00~翌11:00 (アーリーチェックイン9:00~)
料金:(入場料)中学生以上500円 3歳~小学生300円
   (デイキャンプ)中学生以上1500円 3歳~小学生600円
   (宿泊キャンプ)プランにより異なる
営業期間:4月9日~11月19日
駐車場:有り(無料)

参照:奥飛騨温泉郷オートキャンプ場
URL:https://www.okuhida-camp.com/

10.平湯温泉にある「ひらゆの森」では大自然の中で露天風呂を満喫できる

平湯温泉にある「ひらゆの森」は、森の中の大温泉場。16個の湯舟があり、それぞれ湯の濁り方や温度が異なる温泉が楽しめます

一度に30人は入れる大浴場も、吹き抜けの空間で開放的です。また、露天風呂も種類が豊富なので、森林浴をしながら入浴がゆっくり楽しめます。

広大な森の中の土地を利用して造られた「ひらゆの森」は、建前も立派です。築300年以上前の古民家を移築して作りました。風情あるエントランスが魅力で、お土産屋さんやお食事処もありますよ。日帰りでも宿泊でも利用出来ます。

<ひらゆの森> 
住所:岐阜県奥飛騨温泉郷平湯763-1
電話:0578-89-3338
営業時間:24時間(日帰り10:00~21:00最終受付20:30)
料金:(日帰り)中学生以上500円 3歳~小学6年生まで400円
  (宿泊)プランにより異なる
休業日:無し
駐車場:有り(無料)

参照:ひらゆの森
URL:http://www.hirayunomori.co.jp/

いかがでしたか?

奥飛騨温泉郷は、ご紹介した以外にも沢山の見どころがある観光地です。大自然と5つの温泉地が集結した奥飛騨温泉郷は、日頃の疲れを癒すスポットとしておすすめです。絶景を見ながらのドライブも良し、温泉も良し、アウトドアも良しの癒しスポットです。

ぜひドライブ・観光で訪れてみてくださいね。

全国旅行支援を活用しておトクに旅行しよう

全国旅行支援は、政府が行う観光需要喚起策です。内容としては、旅行代金が最大40%引きや旅行先で使える地域クーポンの付与などがあります。

詳しい内容は以下のとおりです。

割引き内容 旅行代金を40%割り引き(1人1泊上限:交通付き 8,000円、その他 5,000円)
地域クーポン 平日:3,000円、休日:1,000円
利用制限 1回の利用で7連泊まで、回数制限無し
実施期間 2022年10月11日〜12月下旬まで(東京都は10月20日〜12月下旬まで)
全国旅行支援では、旅行代金が40%割引き(1人1泊上限:交通付き 8,000円、その他 5,000円)されます。また、旅行先で使える地域クーポンが、平日を含む旅行では3,000円分、休日の旅行では1,000円分付与されます。

利用制限はあまりなく、1回の利用で7連泊まで利用できます。単純計算で、7連泊する場合は最大56,000円/1人割引きされます。

実施期間は上記のとおりですが、年明け以降の実施は、今後の感染状況などを見て検討されるようです。

予約は楽天トラベルなどの大手旅行予約サイトからもすることができ、簡単に行なえます。

良い機会ですので、ぜひ活用してみてくださいね。

CarMe編集部

新車・自動車ニュースのWEBマガジン「CarMe[カーミー]」を運営。
「カーライフを楽しむ全ての人に」を理念に掲げ、編集に取り組んでいます。

CarMe編集部
商品詳細