SurLuster

【検証】ガソリン添加剤って本当に効くの?「馬力」や「トルク」を計測してみた!

LOOPサムネ

車に添加剤を入れたことはありますか?「本当に効果があるの?」「入れた方がいいの?」と思う方も多いでしょう。
実際に一般の方の車を借りてガソリン添加剤を入れる前と入れた後で違いがあるのかを検証してみました! 

Chapter
ガソリン添加剤とは
LOOPパワーショットとは
効果の検証
総評

ガソリン添加剤とは

LOOPパワーショットを知る前にガソリン添加剤とはまず何なの?と思う方も多いでしょう。
ガソリン添加剤とはざっくり言ってしまえばエンジン内部の燃焼室の汚れを落として本来の性能を取り戻させるアイテムで、給油時に燃料タンクへガソリンとともに注入するだけで、配合された洗浄成分や潤滑成分などが、混合気の吸気ルートや燃焼室内、エンジン内にある一部の摺動部にまで作用するものです。化石燃料を使用するがゆえに避けられない、ススやスラッジの堆積。それらを洗浄することによって、エンジンコンディションを最適な状態へ戻す役割があります。

LOOPパワーショットとは

SurLuster シュアラスター LOOP パワーショット

1,691円〜(税込)

シュアラスター LOOP パワーショット

洗浄成分高純度PEAとPIBAをダブル配合。
燃焼室、インジェクター、吸気バルブに付着した汚れを除去し、完全燃焼を促進することにより燃焼効率が高まりスムーズなアクセルレスポンスを回復します。燃費悪化やアイドリング不調の原因となる汚れ・ハードなカーボン&スラッジまでも除去。
エンジンコンディションを最適な状態に戻します。更に、特殊潤滑剤の効果でピストンなどの可動部がスムーズに動くようになるので、アクセルレスポンスが良くなり、振動音低減が期待できます。パワーショットは洗浄効果と潤滑効果によって『加速感』『パワー感』が得られます。

品番
‎LP-14
サイズ
‎‎‎‎21.08 x 4.57 x 3.3 cm
重量
240ml

シュアラスターのLOOP パワーショットは洗浄力が非常に高い成分のPEA(ポリエーテルアミン)と
さらにPIBA(ポリイソブテンアミン)という洗浄成分をバランスよくダブル配合することで、より効果的に汚れを落とす設計となっています。このダブル洗浄成分配合により燃焼室はもちろん、吸気バルブ、そしてインジェクターの噴霧ノズル部分までしっかり汚れを落とすことができ、エンジンコンディションを最適な状態に戻していくことができます。さらに「特殊潤滑剤」を配合し、潤滑性を高め、アクセルレスポンスを向上。力強い加速感はもちろん、燃費の改善も期待できる商品です。

効果の検証

今回はこのLOOPパワーショットの添加前と添加後でパワーや走行感がどう変わるのかなどを検証しました。

ウチダカーワールド

今回ご協力いただいたのは神奈川県にある『ウチダカーワールド』さん、『ダイナパック』という「馬力」や「トルク」を測定することができる機械があるので、実際にLOOP パワーショットを入れる前と入れた後で数値が変わるのかを見ていこうと思います。

1台目:AE86で検証

1台目は『ウチダカーワールド』社長の内田さんのAE86(昭和60年式)で検証を行います。
まずは、LOOP パワーショットを入れる前の「馬力」と「トルク」を測定します。

LOOPパワーショット添加前の馬力とトルクがこちら、右側のグラフが馬力・パワーで、左がトルクの数値結果になります。
添加前のトルクは “11.2Kg/m” 、馬力は “93.4PS” になります。(※ピーク時)
それではLOOP パワーショットを添加して再度計測してみましょう。

ガソリン添加剤を入れる前が赤い線で、ガソリン添加剤を入れた後が緑の線です。
添加後のトルクは “12.0Kg/m” 、馬力は “98.9PS” になります。
添加前に比べて、トルクは “0.8Kg/m” アップ、馬力は “5.5PS” アップしました。
車のメンテナンスに精通している内田さんもこの結果を見て「ターボ車じゃないので、ここまで上がるっているのはエアクリーナー変えて、マフラー変えてってやらないと多分上がらない数値です。」とのこと、添加後、実際に走行していただいた感想でも「音が軽くなった感じがしますね。燃焼状態がよくなると音が甲高くなってくるので、その傾向があるんですかね。ギアを一足上げた状態で下からの回転数でいきますけど、アクセルの踏みがそんなに多くなくても車が前に進む? 感じがありますね。」とLOOP パワーショットの効果を実感していただきました。

2台目:RX-8で検証

2台目はRX-8のタイプSで検証しました。

添加前のトルクが “17.6Kg/m” 、馬力が “184.6PS” になります。(※ピーク時)
それでは1台目と同じようにLOOP パワーショットを添加して再度計測してみましょう。

緑の線が2回目の数値になります。
添加後のトルクは “18.0Kg/m” 、馬力は “187.6PS” になります。
全体的に上がっておりトルクは “0.4Kg/m” アップ、馬力は “3.0PS” アップしています。
実際に走行してみても「音はアイドリング付近かなり変わっている気はする」とのこと。

総評

今回検証に協力していただいた2名ともLOOP パワーショットの添加前と添加後では「馬力」・「トルク」がアップしたことはもちろん、走行する際の音が軽くなり走りがスムーズになったと感じていただきました。「新車時よりなんだかパワーが落ちた」「最近レスポンスが悪い」「振動音が気になる」と思う方は大切な愛車を末永く乗っていただく為のマストアイテムとして是非1度ガソリン添加剤のLOOPパワーショットをお試しください。

LOOPパワーショット関連記事

▼関連記事
ガソリン添加剤とは
LOOPパワーショットとは
パワーも上がるLOOPパワーショットの効果を検証

SurLuster

シュアラスターは、1947年、アメリカ・カリフォルニア州ロングビーチで、創業者のジョセフ・ロビンソンは、化粧品にも使用されている天然素材“カルナバ蝋”を主成分とした自動車ワックスの製造を始めた。49年には「シュアラスター」の名で本格的な販売をスタート。その品質の高さが評判となり、自動車の普及とともに全米でシェアを拡大。68年には市場占有率80%を達成した。翌年にはシュアラスター・ペースとワックス(ブルーワックス)がゼネラルモータースのキャデラック指定ワックスに選ばれ、シュアラスターは世界で最も高級なカーワックスと認められることになった。日本で販売が開始されたのは、国内のモータリゼーションが根付き始めた70年代初頭のこと。その後、現在に至るまでより良い製品を生み出すための歩みを止めない姿勢は、シュアラスターを最高峰のカーワックスメーカーたらしめるとともに、世界中のエンスージアストから愛され続けている理由でもある。

SurLuster
商品詳細