建設用とかの重機であっても買取に出せるの?

重機 ショベルカー

普通の乗用車ではなく、工事現場で使うような重機でさえも買い取ってもらえるのでしょうか。また、買取相場、買取先とは?重機ならではの高額査定のコツも加えて解説していきます。

Chapter
重機や建機までも買取可能!
買い取ってくれる重機はどういったもの?

重機や建機までも買取可能!

「どんな車でも買い取ります!」と多くの買取業者がアピールしていますが、どんな車とは重機や建機でもOK?重機や建機もタイヤやキャタピラーが付いて移動ができる車です。一般の人が通勤やレジャーなどに使う車ではありませんが、これらの重機や建機も買い取ってもらうことはできるのでしょうか?

答えは「YES」です。ただし、一般の買取店では断られることがほとんどだと思われます。というのも、扱いには大型特殊などの免許が必要になる車も少なくないため、専門の知識と経験が必要だからです。また、買い取った後の流通ルートを持っているかどうかも重要です。

ちなみに重機とは建設に用いる大型重機であり、建設機械と同じような意味です。ニュアンスとしましては、巨大で重量がある機械(ショベルカー・ブルドーザーなど)を重機と呼び、建設現場で使用する中型重機や小型機械(発電機・コンプレッサーなど)を建機=建設機械と指している傾向があるようです。

建機、重機を買い取ってもらうのには、乗用車を売るのとは比べるとかなり苦労します。その最大の理由は、買取る業者が少ないことです。乗用車であれば、近くに買取店を見つけることができますが、重機やトラックを買い取ってくれるところはそうそう見つかるものではありません。そこで、買取業者はインターネットで見つけるのがおすすめです。

もし売ることを検討している場合は、専門買取業者に申し込んでみましょう。また、少しでも高く売りたい方は、競合の値段をもらった上で、専門買取業者にいったほうが査定額が上がる可能性が高まるため、一度一括査定に申し込んでみることをお勧めします。

買い取ってくれる重機はどういったもの?

重機や建機には様々な種類がありますが、買い取ってもらえる重機とはどのようなタイプのものでしょうか?

結論から言えば、どのようなタイプの建機、重機でも対応可能といえます。重機や建機は世界中あらゆる場所で必要とされています。日本メーカーの重機はとくに性能の良さで人気なので、海外に販売ルートを持っている買取業者を選ぶと良いかもしれませんね。

また、重機や建機は大変汚れやすい場所で使われています。多少の汚れは水洗いで落としておく方が良いでしょう。

○クレーン
メーカーや型、動作の状況によって異なるが、おおよその査定額は100万円から300万円といったところである。買取価格としては高いと感じる方も多いだろう。重機に関しては、古いものやかなり使ったものでもある程度の高い買取価格を提示してもらえる傾向があるようです。

○キャンター
三菱キャンターは中型トラックで、様々な作業用に架装されています。

○高所作業車
工事をスムーズに行えるだけの機能が備わっているかどうかが重要です。最大地上高が高いほうが買取価格も高い傾向にあります。高所作業車にはエルフやキャンターといったトラックの荷台にリフトを取り付けたものが多くありますが同じエルフでも最大地上高の違いで100万円以上の差も生じます。通信工事などで需要の増えているトラックですので5年落ちでも200万から300万の高値での取引が増えています。

基本的にどのような重機であっても買い取れるので、まずは一括査定に出してみましょう。