愛車のへこみは買取査定額にどれぐらい影響する? 減額が少ない車種や高く売却する方法も紹介!

車

※この記事には広告が含まれます

愛車にへこみがあると買取の際に高く売れないと思っていませんか?

直して売ったほうが高く売れるのでは、など悩んでしまうことも多いかと思います。

結論から言うと、ボディのへこみは買取査定額に影響があります。

しかしその中でもマイナス査定を極力減らし、高く買取してもらう方法があるのをご存じでしょうか?

この記事では、中古車の査定基準を紹介し、売却時にへこみを修理したほうがいいのか、しないほうが良いのかなどの悩みを解決できる内容となっています。

記事後半では、へこみがあっても高く買取してもらう方法や、へこみが査定額に影響しない車種も紹介していきますので、ぜひ最後までご覧になってください。
愛車を相場より41万円高く売る方法とは?
  • 車は複数の買取業者に競わせることで高く売れる
  • 中には買取額が41万円アップした事例も
  • 愛車を高く売りたいならディーラー下取りに出してはいけない


買取業者1社だけに依頼すると、愛車は安く買い叩かれてしまいます。愛車を高く売るためには、複数の業者に一括で査定依頼できる「一括査定サイト」を利用するのが大切です。

その中でもおすすめなのはMOTA車買取。やりとりするのは高額査定の上位3社だけなので、少ない手間で愛車の最高額を調べられます。

キャンセルも可能なので愛車の査定額を知るのにも便利。時間が経過するほど車の買取相場は下がるので、まずは愛車の価値を調べてみては?

Yoshiki|よしき

九州エリアで中古車買取専門店に4年間勤務した経験を活かし、少しでも高く売るための方法や、輸出相場、業界の裏事情などの情報を発信しています。
そして読者の方には少しでも知識武装していただき、車で損をしたり、騙されたりしないような内容の記事を書いていきます。

Yoshiki
Chapter
ボディのへこみの査定基準と買取額への影響は?
修理しないほうがいい場合とその理由は?
修理したほうがよい場合
修理しないほうがよい場合
大きなへこみがある車を高く売る方法は?
へこみがあっても査定額に影響が少ない車種とは?
車のへこみに関するQ&A
【まとめ】車のへこみと買取査定額は関係がある!

ボディのへこみの査定基準と買取額への影響は?

まずは買取業者がボディのへこみをどのような基準で査定しているのかを説明します。

中古車の査定は全国共通の基準で行われており、地域や店舗でこの基準が違うということはありません。

中古車の査定は減点方式で行われる

新車の状態が100点満点だとすると、中古車は走行距離やボディの傷、内装の劣化具合などを総合的に判断し、減点方式で最終的な評価点がつけられます

一般的には「5段階評価」と呼ばれたりしますが、実際には以下のような具体的な評価基準が決まっています。

まずは内装・外装ともにご自身の愛車がどの評価に当てはまるのか予想してみましょう。

■内装評価
内装評価点 評価の基準
A 修正の必要がない、または必要性が低いもの(新車同様のレベル)
B 小さな加修が必要なもの(ダッシュボード周りや足元のパネルの小傷など)
一般的に普通・綺麗だと言われる中古車の大半がここに該当します。
C 加修が必要
(タバコ臭、座席の破損、目立つシミ、天井の汚れ、ペット毛、内装の大きな破損など)
簡易的な清掃だけでなく、パーツ交換しないと復元できない場合はこの評価にあたります。
D 大きな加修が必要(C評価の内容が数か所、または著しいもの)
乗り込むのをためらう程度のものがこれに当たり、価値はかなり低くなります。
E 内装全体に大きな加修が必要なもの
(日常的に傷や汚れが蓄積されるバンやトラック、冠水車などがこれに当たります。
■外装を含めて総合評価
評価点 内装評価 走行距離 評価基準
S A 1万km未満 新車登録から1年未満 無傷、無補修で新車に限りなく近い状態
(俗にいう新古車がこれにあたります)
6 A 3万km未満 新車登録から3年未満でほぼ無傷、無補修のもの
5 A 5万km未満 ごく軽微な傷・へこみはあるが、内外装ともに加修の必要がないもの
4.5 A, B 10万km未満 一部分のみ補修をすることで5点評価に準ずるもの
小さなへこみが1~2箇所のみで他に目立つ傷がなければこの評価となります。
4 A, B, C 15万km未満 目立つ傷、へこみなどがあり、若干の修理が必要なもの
1か所でも目立つへこみ傷などがあるとここに該当します。
へこみが大きい場合、この評価点になることが多いです。
3.5 A, B, C 15万km未満 板金や補修が必要な部分が複数あり、美観が損なわれているもの
へこみ以外にも大きな傷などがある場合はこの評価となります。
3 -   全体的な補修、交換を必要とするもの
内部フレームへの軽微なダメージ痕跡やフレームの腐食
2 -   全体的なダメージ・劣化が著しく、商品価値が低いもの
1 -   極端な改造車、災害車、競技車、消火器散布車など
RA -   軽微な修復歴車(フレームにダメージが認められるもの)
ボディへこみ箇所の内部にある骨格(フレーム)にまでダメージがある場合はこの評価となります。この評価点になると「事故車」扱いされてしまいます。
R -   修復歴車(重大な損傷がある、またはフレームの修正痕、交換歴があるもの)
ボディへこみ箇所の内部にあるフレームのダメージが大きい場合は、この評価となります。この評価点になると「事故車」扱いされてしまいます。
0 -   クラシックカー、レプリカ車など評価が困難なもの
ここまでを「ボディのへこみ」という観点に絞ってまとめると、へこみが小さく内装も綺麗なのであれば、4.5点が狙えるため高く評価されやすくなりますが、へこみが大きく内部の骨格(フレーム)にまでダメージがある場合は残念ながら「RA点」「R点」となり低い評価となってしまいます。

では、「へこみの大きさ」は具体的にどのような基準で査定されているのでしょうか?

へこみの程度で減点の大きさが違う

中古車の査定士が記入している”査定票”には、傷=A、へこみ=U、交換歴=XXなどのアルファベット記号が使われています。

これも中古車の評価点と同じく、全国共通の概念であり、USSなどの大手オートオークションでも共有化されています。

大きさは1~3の数字で表され、数字が大きくなるほど損傷が大きいことを表しています。

ではその中で「へこみの大きさ」が査定額にどのように影響を及ぼすのかを解説していきます。

■U1(小さなへこみ)
ごく小さなへこみで、目を凝らして見る角度を変えながらチェックしないと気付かない程度のもの

飛び石でのへこみなどがこれに当たります。

査定にはほぼ影響がないレベルと言えますが、この小さなへこみが一部分に沢山ある場合は全てをまとめて”U3(へこみ大)”と判断されることがあります。

■U2(目立つへこみ)
大きさでいうと手のひらぐらいのへこみ具合で、強風などでドアパンチをされてしまったり、何かに軽くぶつけてしまった場合はこの評価となります。

一般的には「買取後に販売するためには板金修理が必要だ」と判断されてしまうため、査定額は数万円下がることが懸念されます。

■U3(大きなへこみ)
誰が見ても一目瞭然で分かるレベルのへこみがこれにあたります。

買取後に販売する場合は修理が必須となり、外装パネルは板金では直せず部品交換が必要となるため、査定額は大きく下がってしまいます。

また、このレベルのへこみがある場合は、査定士は真っ先にその内部にある骨格(フレーム)へのダメージを疑います。ボディが大きくへこむほどの衝撃が加わった場合、車の骨格まで歪んでしまったり、折れ曲がってしまう場合があるからです。

それでは次項、へこみ傷との関わりが大きい車の骨格(フレーム)について解説いたします。

ボディのへこみよりもその奥にあるフレームが重要

自動車の外装パネルを人間の皮膚だとすると、車を形取っているフレームは「骨格」にあたる部分です。

このフレームに損傷があると、修復歴有り・事故車という評価をされてしまいます。

フレームに損傷があると、下記のような重大な問題が発生するため、残念ながら中古車市場では大幅なマイナス査定となってしまいます。

「まっすぐ走らない」
「歪んでいるせいで、走行中に一部に過剰な負荷がかかり故障しやすくなる」
「信用問題になるため、店頭で販売できない」
「故障リスクを恐れるため買い手がつかない」

へこみのある車を査定に出す際に、持ち主がショックを受けるパターンとして「ちょっとぶつけてパネルがへこんでいるだけなのに事故車と言われた」という事例です。

フレームは外から見えない部分なので、査定士に言われて初めて知ったという方が多いです。

特に軽自動車はボディがコンパクトなため外装パネルからフレームまでの距離がほぼなく、へこみ=フレーム損傷、つまり事故車と扱われやすいので、へこみが大きい場合はある程度マイナス査定を受け入れる覚悟が必要です。

ここまで中古車の査定基準やへこみのマイナス査定、事故車の定義について解説しましたが、「それならへこみを修理して綺麗にしてから売れば高く売れるのでは?」と思った方もいるのではないでしょうか。

修理しないほうがいい場合とその理由は?

へこみがある車を買取してもらう場合、へこみ部分を直せば評価が上がり、高く売れる可能性があります。

しかし、板金修理費には少なくとも数万円の費用がかかり、それを越えるほど査定額がUPするというパターンは、そう多くはありません。

では、へこみ修理をしたほうがよい場合、しないほうがよい場合にはそれぞれどのようなパターンがあるのかを解説していきます

修理したほうがよい場合

まずは修理したほうが良い場合を以下の項目に分けてご紹介します。
  • へこみ以外に1つも傷がない場合
  • 高年式車

へこみ以外に1つも傷がない場合

へこみが1か所のみで、それ以外の外装は完全に無傷、内装も新車同様に綺麗な場合は修理することで査定額が大幅にUPする可能性があります。

へこみがごく小さなレベルであれば数万円かけてまで直す必要はありませんが、へこみが大きい場合はその傷だけで評価点が4点まで下がってしまいます。それを修理することで4.5点、5点と評価があがるのであれば、買取相場もかなりUPすることが期待できます。

しかし、買取額は車種や装備によっても左右されます。

そのため、一度へこみがある状態で査定し「もしそのへこみがなかったらいくらまで出せるの?」という商談をすれば、その差額と修理費を照らし合わせて、修理すべきかどうかの判断が事前に行えます。

高年式車

年式の新しい車は、市場に出回る車両のほとんどが新車に準ずるレベルで程度が良いです。

その中で自分の車だけ大きなへこみがあると、どうしても他の車体よりも見劣りしてしまうため買取相場を下げられる可能性が高いです。

こちらも商談で十分に金額を聞き出し、そのうえで修理するかどうかの判断をすれば結果として高価買取に繋がります。

修理しないほうがよい場合

続いて、修理しない方が良い場合を解説します。

他にも傷がある一般的な中古車の場合

気になるへこみ以外にも外装に傷がある場合は、その部分だけ修理しても評価点が変わらないため修理するメリットはありません。

内装の評価がAランクを取れないぐらいに汚れている場合も同様です。

板金修理後に、評価点が4.5点以上(内装が綺麗で外装もほぼキズ無し)になる見込みがないのであれば、修理はせずにそのままの状態で売却するほうが無難です。

修復歴のある車の場合

車のフレームに損傷があり、それを修理した過去がある車は「修復歴あり」とみなされ、評価点が最低ランクまで落とされます。

この評価は、いくら外装を綺麗にしても変わらないので、過去にフレームを修復した車を売却する場合は、へこみ修理するメリットがありません

海外輸出需要のある車種

後述しますが、海外の輸出先によっては外装の傷や修復歴が直接相場に影響しない車種が存在します

日本人の感覚では信じられないような話ですが、走行距離5万キロも10万キロも同じ相場で、傷が多くても綺麗でも同じ買取相場になる車というのは本当に存在します。

そういった海外の輸出需要が高い車種に乗っている場合は、お金をかけてへこみ修理をしたとしても買取金額は一定なので何のメリットもありません。

この項ではへこみの修理に関して触れていきました。

では、へこみを直す必要がない場合は、へこみがあるままの評価で売るしかなく、高く売ることはできないのでしょうか?

実は、へこみがあるままでも高く売る方法はいくつかあります。

その方法を次項でご説明いたします。

大きなへこみがある車を高く売る方法は?

「へこみのせいで評価が悪いから高価買取は無理だ」と諦めてはいけません。

車の買取相場は外装のへこみや傷だけでなく、売る時期や装備の内容、車種によって大きく左右されます。

では、そのひとつひとつを掘り下げて解説していきます。

売却時期

年間を通して中古車の市場全体の相場が上がるのは、2月~3月上旬です。

この時期は引っ越しや就職などでライフスタイルが変わる時期なので、中古車の需要が高く、市場が最も活性化する時期です。

逆に3月下旬~5月の大型連休までは需要の波が落ち着くため、逆に相場は低くなります。

また、年末年始に中古車を買いに行く人は少ないため、この時期も同じく相場が低くなります。

へこみがあっても少しでも高く売りたい!という方は、この時期を見定めて査定に向かいましょう。

へこみ以外の部位の長所を伸ばす

中古車はオプション装備や内装の程度などでも評価されます。

ボディにへこみがあったとしても、内装がとても綺麗だったり、ナビやメーカーオプションなどの装備が充実していればその点においてはプラス査定となります。

ボディのへこみはお金をかけて修理しない限り解決しないため、愛車のオプションを調べたり、内装を綺麗にしてから査定してもらうなど、潔く他のセールスポイントを伸ばすことにしましょう。

購入する時点で売る時のことを想定しておく

車は新車でも中古車でも、いつかは売却して現金化できる「資産」です。

自動車という資産を所有するなら、購入する時点で売る時のことまで考えた車選びをしたほうが次の乗り換えも楽になります。

例えば、イエローやグリーンのような特徴的なボディカラーを選んでしまうと、乗り手を選んでしまうため需要が限定され、車種が同じでも高く売れにくい車になります。

この場合、パールホワイトやブラック系のボディカラーを選んでおけば乗り手を選ばず、幅広い層からのニーズがあるため資産価値が高まり、高価買取に繋がります。

グレードに関しては中古車市場では最上級グレードが最も需要が高く、低いグレードはあまりニーズがありません。

理由としては、中古で車を探している人の多くは「予算内で装備が充実しているグレードのものを手に入れたい」と思っているからです。

車を選ぶ際はどうしても予算の関係など事情があるとは思いますが、なるべく高いグレードを選んでおくことで、のちのちボディにへこみ傷ができてしまったとしても高く売れやすくなります。

一括査定サイトなどで徹底的に比較する

へこみがある車を売却するときに限った話ではありませんが、やはり比較検討し、一番高い買取店に売却するのが一番の方法となります。

買取店や一括査定サイトは数が多く、大手中古車業者の不祥事などが連日報道されている現在、一体どこが信用できる業者なのか?と心配になってしまう方が多いと思います。

数ある買取店の中でも特に「へこみがある車を売るのにおすすめのサービス」を提供している、と判断できる、本当に厳選した業者を3社ほどご紹介します。

株式会社カーネクスト

カーネクスト

どんな車でも0円以上で買取

「雹害によるへこみが多数あり、ディーラーの下取りが5~10万しかつかなかったので駄目元でこちらで査定してもらったら35万で引き取って貰え、電話でのオペレーターの対応も凄く丁寧でよかった」

などの口コミがあり、へこみなどの傷がある車両にも良心的な買取金額を提示してくれるようです。

公式HPで謳っている通り、どんな状態の車でも0円以上での買取を宣言しており、手数料なども発生しないのが魅力です。

レビュー lus1qhp720m0zcdm4
あいす
0
4

カーネクストが1番良かった

他社とも見積もりしてもらったが、カーネクストが1番良かった。

査定額ももちろんですが、担当してもらったスタッフの対応も良くサービスも心地よく予想以上の対応に感謝しています。

カーネクストは安いとか噂を聞いていましたが、全然そんなことはなかった。


売却した車:ホンダ フリード (2019年式、走行距離3万キロ)
売却金額:100万円

みきまま
0
4

5万円の買取額がついた

走行距離が8万超えだったので査定はついても1万円かと思っていたが、5万円の買取額がついたので満足しています

スタッフの対応も親切で丁寧で安心して任せることができた。

振り込みも思っていたより早かった。また次回売却することがあれば利用したい。


売却した車:日産 デイズルークス (2013年式、走行距離8.2万キロ)
売却金額:5万円

しょくだいお
0
5

買い取ってもらえて良かった

かなり走行距離も多くなっていたので本当に買い取ってくれるのか不安だったのですが実際に買い取ってもらえて良かったです。

ネットで確認した通りレッカー引き取りや廃車手続き代行も無料でしてくれたので本当に助かりました。

こちらからの質問にも丁寧に早く答えてくれたので安心して任せられました。


売却した車:ダイハツ ミライース (2011年式、走行距離17万キロ)
売却金額:1万円

買取実績
2008年創業
手数料
無料
0円以上買取保証
申込方法
WEB、電話
電話対応時間
8〜22時(年中無休)
引取対応日時
平日、土曜日
キャンセル料
3万円
対応エリア
全国対応(一部離島を除く)

MOTA

MOTA車買取

評判の良い一括査定サイト

MOTAは一括査定サイトの中で、特に評判が良い一括査定サイトです。

最大の特徴は、査定結果を20社で競合して、買取金額の上位3社のみとやりとりすることで、電話が多くなりにくいことです。

「徹底的に比較して1円でも高く売りたいけど、何社も商談して電話がたくさん掛かってくるのは面嫌!」という方にとってはこれ以上ないサービスだと思います。

通常の一括査定
オークション形式
提携買取業者数
500社以上
大手買取業者との提携
7社 / 8社中
同時査定依頼数
20社
手数料
なし
営業電話対策
業者選択可否
JPUC監修
-
対応地域
全国

リクルート

カーセンサー

 

自分に合った売り方を選べる

中古車情報サービス会社「カーセンサー」が運営する一括査定サービスです。

おそらく車に乗っている方なら誰もが一度は見たことがある有名な企業で、リクルートグループが運営しています。

カーセンサーでは複数社が競合して金額を出し合いお客様がその中から売り先を選ぶ「一括査定」と、連絡・査定は1社のみで、オートオークションにおまかせ出品してもらう「オークション型査定」の2種類から、ご自身にあった売り方を選ぶことができます。

通常の一括査定
オークション形式
提携買取業者数
一括査定形式:700社以上、オークション形式:5,000社以上
大手買取業者との提携
8社 / 8社中
同時査定依頼数
30社
手数料
なし
営業電話対策
業者選択可否
JPUC監修
対応地域
全国

へこみがあっても査定額に影響が少ない車種とは?

最後に、へこみがあっても査定額に影響が少ない車種と、その理由をご紹介します。

海外輸出車両

日本と海外では車に対する価値観が全く違うため、海外に輸出される車種はへこみがあっても相場が落ちにくい傾向があります。

代表的なのはTOYOTAの旧型ランドクルーザー、RAV4、ハイエースなどで、これらの車は日本のように路面が整備されていない、発展途上国のオフロードなどで重宝されています。

しかし一部例外があり、アルファードや最新のランドクルーザーも同じく海外に輸出されて驚くほど高値で取引されていますが、これらの高級車は富裕層向けのニーズに応えているためへこみがあるとマイナス査定となってしまいます。

ご自身のお車が輸出需要があるかどうか確認してから査定してもらうことで、価格交渉時の武器になりますので一度調べてみてはいかがでしょうか?

トラックなどの「働く車」

建築現場などで酷使されるトラックやダンプカーは車にへこみや擦り傷がついて当たり前の車両です。

中古で軽トラや積載車を探している人はいちいちへこみ傷など気にしていないので、へこみによるマイナス査定は乗用車よりも小さくなります。

低年式車・廃車・不動車

極端に古い年式の車や、すでに動かない車に関してはすでに車としての価値が残っていないため、へこみがあっても買取金額に影響はありません。

こういった値段の付きにくい車両を高く売りたい場合は、通常の買取専門店ではなく「廃車買取専門店」に相談してみましょう。

車は動かなくなっても鉄資源なので、どんな車でも金額がつかないということはあり得ません。

車のへこみに関するQ&A

車のへこみについて、よくある質問とその答えをご紹介します。

Q1. 熱湯でへこみが直るって聞いたけど本当?

A
軽自動車のフロントバンパーなどに使用されている樹脂性のボディであれば、熱湯をかけると柔らかくなるため、後ろからハンマーで叩いたりすれば多少へこみが緩和される場合があります。

しかし、ボディのクリア塗装にダメージが出たり、中途半端に変形するリスクもあるためオススメしません

Q2. なぜ海外輸出される車はへこんでいても大丈夫なの?

A
日本人は世界一車を乗り換えるのが早いと言われており、車を大切にしすぎるあまり、走行距離や傷をとても神経質にとらえています。

海外では傷を気にしない文化が主流で、壊れたら直せばいいという価値観で車を利用している国が多いです。

そのため、わたし達日本人のように「へこみがあるから嫌だ!」とはならないのです。

【まとめ】車のへこみと買取査定額は関係がある!

車のへこみは査定の際に評価点に影響があり、評価点が下がると査定額に影響があります。

しかし、ご自身の車の年式や需要をよく理解していれば、修理すべきなのか、そのまま売却すべきなのかを判断できるようになります。

そして、売却する時期やへこみ傷があっても良心的な金額を提示してくれる業者を正しく選択すれば、きっと満足いく金額で買取ってもらえるはずです。

すぐに売る・売らないは別の話として、まずは信頼できる一括査定サイトに相談して、ご自身の愛車がどのような特性があるのかを教えてもらったうえで売却を検討してみてはいかがでしょうか。

商品詳細