古いボロ車を買取査定に依頼する5つの方法|一括査定サイト5選を紹介

ブルーバード(510) SSS

古くてボロボロの古い車や動かなくなってしまった不動車を少しでも高い金額で、買取査定に依頼する5つの方法と一括査定サイトを使って買取査定を行う時のおすすめサイト5選を比較しながら分かりやすく紹介しています。ぜひ、あなたの古い車も査定してみて下さい。

Chapter
古い車でも買取ってもらえるの?
古いボロ車を買取査定に依頼する方法5つ
古い車でも買取ってもらえる理由3つの理由
人気の一括査定サイト5選
古いボロ車でも諦めないで買取してもらおう

古い車でも買取ってもらえるの?

今まで乗っていた古い車や、一見すると廃車寸前のボロボロの車も買い取ってもらえる場合があります。

一般的に、買取の際には査定が行われます。この査定の結果次第で買取の可否や金額が決まるため、査定は重要なポイントといえるでしょう。

今回はこの買取の査定を依頼する方法をご紹介します。

買取査定とは

査定では、「車の現在の価値や評価」を行います。

この査定では、車の内外装の見える傷だけでなく、エンジンの状態や車検の残期間などを総合的に評価し、車の買取をしてもらえるかどうか、買取額はいくらになるのかを提示してくれます。

ボロボロの車でも、生産台数の少ない車種や人気の車種の場合には、高価買取が期待できる場合があるので、信頼のできる専門家にみてもらいましょう。

古いボロ車を買取査定に依頼する方法5つ

買取査定を依頼する方法は複数あり、車の状態や持ち主が何を望むかによって依頼先が変わります。

例えば、車を買い替える場合や新しい車を買う予定があるのであればディーラーの方が手続きがスムーズに済みますし、車の状態が悪い場合には廃車にした方が高く売れる可能性があります。
古い車を買い取ってもらう際の5つの方法について、それぞれのメリット・デメリットを理解し、自分の希望にあった方法を選びましょう。

1. 一括査定サービスを利用する

一括査定サービスでは近くにある買取店へまとめて査定依頼を行えます。基本的にWebで申し込めるため、手軽に査定依頼できるのがメリットです。

また、一括査定サービスと提携している買取店は審査を通過した優良な会社のため、車の売却が初めてでも安心。
複数の買取店が提示した査定金額を見比べられるため、一番高い店舗へ売却できます。

2. 買取店へ持ち込む

買取店舗には専門性があり、豊富な買取実績やリアルタイム相場の適用、車への評価ポイントのきめ細やかさなどが理由で、最大限の価値を提示するよう努めてくれるでしょう。

自分の都合がよいときに買取店に行くと当日査定してもらえるので、忙しい人でも利用しやすく非常に利便性が高いといえます。店舗で担当者と直接交渉でき、納得がいかない場合に断りやすいのも利点です。

3. 新車の購入予定があるならディーラーへ

今ある車を買い取ってもらったあと、新しい車へ買い換えるのであればディーラーで古い車を引き取ってもらうことも可能です。

新しい車の購入手続きと同時に車の売却もできるため、手間が少なくスムーズなのがメリットです。
さらに下取りをする車の価値が高ければ新車の値引き交渉もしやすく、本来は価値がないような車でも、新車を購入してくれるならと価格をつけてくれる可能性もあります。

4. 廃車にする場合は廃車専門の買取業者へ

走行距離10万キロ超えの過走行車や10年以上の経年車は、査定金額が0円だったり、反対に廃車費用としてお金を取られるケースもあります。
整備を行ってから中古車として市場に出しても売れる見込みのない車は、走行に問題が無くても廃車になる場合が多いです。

しかし、中古車として売却が難しいなら、廃車専門の買取業者へ依頼することもひとつの手段。
廃車専門の買取業者では車を分解して部品やパーツとして販売できる経路を確保しており、0円以上で買い取ってくれるケースがあります。

車選びドットコムの廃車買取なら原則0円以上で買取!
日本全国・年中無休で査定依頼できます。またWebでお申し込み後、最短10分以内に査定結果がわかるのもポイントです。

5. スクラップ業者に直接売却

スクラップ業者で車を売却する場合、車から取れる鉄の量によって査定額は変わります。
さらに車1台から取れる鉄の量は車種によって違い、実際に金額を決めるには鉄の量以外の評価も含まれます。

解体処分する古い車でもスクラップ業者なら買取ってもらえるものの、解体費用を差し引いて査定額を決定する場合があります。解体のコストまで買取の費用に含めるかは業者ごとに異なるため注意が必要です。

古い車でも買取ってもらえる理由3つの理由

これまで買取査定に依頼する方法を説明してきましたが、なぜ古い車なのに買取ってもらえるのでしょうか?

そもそも車は高度な技術によって作られた部品を、高度な技術で組み合わせています。さらに日本の技術力も査定額に大きく関与しています。

以上の点を含めて、3つの理由を説明します。

1. 海外で需要がある

日本車の「耐久性」と「品質の高さ」が認められており、海外から高く評価されています。そのため日本では売れづらい中古車でも、海外では需要があり高く売れるケースがあります。

また、日本の道路はきれいに整備されておりタイヤや車への負担が少ない上、日本での車検は2回目から2年ごとにメンテナンスを行うため、中古車でも比較的状態が良いのも理由の1つ。
もし事故車となった場合でも、安全に走行ができるように修復されているため評価も高いと考えられています。

2. 中古車として売る

中古車販売も行っている業者では整備をしてから自社で販売したり、業者によっては海外での販路を確保しているなど買取業者によって販売経路が異なります。
また、ディーラーの場合は整備後にレンタカーとして再利用するケースもあります。

買い取った車に合った方法で販売するため、古い車でも利益を確保できるのです。

3. 部品として使える

走行距離が長い車や事故車、故障車は中古車としても販売することが難しいため、買い取られた後に解体して部品としての価値が付けられる場合があります。

動かなくなってしまった古い車でも、エンジンやミッションなど部品として使えるものや、鉄でできているパーツなどは鉄くずとして取引できるため、買取ってもらえる場合があります。

人気の一括査定サイト5選

買取を依頼する方法は様々ありますが、まずは自身の車の買取相場を確認してから検討するほうがいいでしょう。

ここからは複数社に同時に見積が依頼できる車買取一括サイトを5社紹介します。

1. CarMe車買取

CarMe車買取では、Webで情報入力するだけで住まいの近くにある複数の買取業者へ一括で査定依頼を行えます。
それぞれの買取業者が提示した査定金額を比較して、一番高い金額で売却できるのがメリットです。

最大8社まで一括で査定依頼できますが、もし数が多いようであれば任意の買取業者を選んで依頼できます。

2. ズバット車買取

ズバットでは200社以上の買取店が登録されていますが、最大10社まで買取業者を選んで査定することが可能です。

さらに提携買取業者数は220社あり、全国に対応しています。無料で利用できるため、気になったときに納得いくまで査定・比較ができるでしょう。

3. 楽天Car

楽天Carの大きなポイントとして、買取成立で楽天ポイントを受け取れる点があげられます。楽天のサービスを他にも複数使っているという場合にはおすすめです。

提携買取業者数は100社を超え、その中から査定会社を選ぶことも可能です。全国の査定会社の中から最大10社まで選んで査定することができます。

4. 一括査定.com

一括査定.comでは、約40秒で完了する簡単な入力で査定を行うことができます。今すぐに査定価格を知りたい場合や、参考のために気軽に査定をしてみたいという場合にはおすすめです。

また、提携買取業者数17社のうち、8社に同時査定依頼を行うことができます。利用料金は無料なこともあり、利用実績400万人を超え(※株式会社カービュー調べ)ています。

5. 車査定・買取の窓口

車査定・買取の窓口では、約45秒で完了する簡単な入力で高く買い取ってくれる1社のみを紹介してくれます。しつこい連絡がないことがメリットの1つです。

全国の買取業者の中から、高く買い取ってくれる1社を紹介するため、手間が少なく良い条件での買取に期待できるでしょう。

古いボロ車でも諦めないで買取してもらおう

古い車でも方法次第で高く売れる可能性もあります。

買取業者へ査定依頼しても値段がつかなかった場合は、廃車専門業者へ依頼するのも1つの手。自分にあった方法でできる限り、高額で買取してもらいましょう。