車売却の5つの方法とは?6段階の売却手順と必要書類や注意事項を紹介!

アウディ RS3 スポーツバック

不要になった車は少しでも高値で売りたいですよね。車を高くスムーズに売却するためには売却方法や手順、注意事項を事前に確認しておきたいところ。また車の売り方にも色々な方法があるため、じっくりと検討して納得できる方法を検討し、最善の車の売却方法を実践してみましょう。

Chapter
車の売却方法一覧
車を売却するまでの手順
車を高く売却するための5つの方法
車売却前にすべきこと3つ
車売却は納得いく方法を選ぶことがおすすめ

車の売却方法一覧

まず、乗らなくなった車の売却は大きく分けて5つの方法があります。取引方法によってそれぞれ必要な準備やかかる時間が異なるため、自分にあった方法を検討しましょう。

1. ディーラーでの下取り

車の売却をスムーズに行う方法の1つとして、ディーラーで新車を買うついでに不要な車を持ち込んで下取ってもらうという方法があります。

下取りの場合、購入と売却を同じ業者へ依頼できるため、無駄な時間や準備が不要で手間がかからないのがメリットです。
ただし下取りは「次の車を購入する」ことが前提となるため、売却するだけのケースでは利用できません。

2. 一括査定による複数業者への相見積もり

近くにある複数の買取業者へ相見積もりをとり、一番高く買い取ってくれる業者を選んで売却する方法です。一社ずつ自分から連絡する必要がなく、インターネット上で業者を選んで相見積もりを依頼できます。
また、日中に依頼すれば多くの場合ですぐに連絡があるため、売却を急ぎたい方や早く査定金額を知りたい方におすすめです。

ただし様々な買取業者から電話で連絡があるため、依頼先が多ければ多いほど対応の手間が増えるのが懸念点。まとまった時間のある時に申し込むのが良いでしょう。

3. 車買取専門業者への売却

指定の場所へ来てくれる車買取の専門業者の利用は、とても利便性の高い取引方法です。自宅や仕事場でも車を買取に来てくれるので、休日ではなくても時間を有効に使って車売却ができます。

ただし、執拗に買取価格を下げてくる業者もいるので要注意。買い叩かれないためにも事前に車の買取相場を調べておきましょう。

→愛車の買取相場をシミュレーションする

4. 個人売買

業者を通さずに個人間で車売却を行うというのも1つの手。知人に売る場合は話し合いがしやすく、価格交渉もスムーズに進むというメリットがあります。

ただし、新しい所有者への名義変更がスムーズにできず、いつまで経っても以前の所有者のままで税金の支払いなどができないケースもあるため、初心者にはあまりおすすめできません。各種手続きの方法を事前に下調べをしてから望みましょう。

5. オークション売却

手軽に車売却ができるオークションという方法があります。自分で売値を設定して出品できるため、場合によっては業者へ売るよりも高く売れる可能性があるのがメリットです。

ただし名義変更などの書類不備、支払いの滞り、実車の確認がしにくい、クレーム対応などのデメリットもあります。確実な取引が実行できる落札者との巡り合いが重要となりますが、確実性は劣るでしょう。

車を売却するまでの手順

人生の中で車の売却は何回も起こるイベントではありません。特に初めて車を売却するという方は事前に準備から入金までの流れを確認しておきましょう。

1. 売却する車の買取相場調査

これから売る車の市場価値や、買取価格の相場をリサーチしましょう。自分の車の価値をざっくり把握しておくことで、相場より安い値段で買い叩かれてしまうリスクを減らせます。

様々なWebサイトで各車種の買取相場を紹介していますが、あくまでも相場に過ぎませんので実際の買取価格とは異なることに注意しましょう。

→CarMe車買取なら過去の査定額データを元に買取相場をシミュレーションできます!

2. 売却する方法の決定

先述したように車の売却方法は様々です。売却したいタイミングやどれくらいの手間なら許容できるか検討し、売却先を決めましょう。

ディーラーでの下取り
メリット :売却と購入が同じ業者で完結するためスムーズ
デメリット:売却だけはできない

一括査定での相見積もり
メリット :一番高く売れる業者を選べる、すぐに連絡が来る
デメリット:複数の業者とやりとりする必要がある

車売却専門業者へ売却
メリット :出張買取が可能な場合がある、すぐに連絡が来る
デメリット:他の買取業者の方が高く売却できた可能性が残る

個人売買
メリット :業者を通さないため高く売れる可能性がある
デメリット:名義変更などの手続きを自分で行う必要がある

オークション
メリット :自分で売値を設定できるため買取業者より高く売れる可能性がある
デメリット:名義変更などの手続きを自分で行う必要がある

3. 売却する業者の選定

個人売買やオークションでない場合は業者へ車を売る方法が主流ですので、売却する業者を決めておきます。車を買取ってくれる専門の業者は豊富に存在しているため、少しでも高値で買い取ってくれる業者に売るとよいでしょう。

自宅や会社まで査定や買取に来てくれる業者がいますので、休日以外でも車の売却ができるため、非常にスムーズな方法です。

4. 売却に必要な書類を取りそろえる

車売却時には名義変更のために様々な書類が必要です。ディーラーや買取業者へ売却する場合、手続き自体は売却先が行うため、書類を用意して持っていくだけで問題ありません。

普通自動車の場合
・車検証(自動車検査証)
・自賠責保険証
・自動車税納税証明書
・実印
・名義人の印鑑登録証明書
リサイクル券の預託証明書
・住民票の写し
・委任状
・譲渡証明書

軽自動車の場合
・車検証(自動車検査証)
・自賠責保険証
軽自動車税納税証明書
・認印
リサイクル券の預託証明書

5. 車の引き渡し

車の名義変更を終えた後、売った相手へ車を渡します。ここまで来ると車売却は概ね終了です。あとは売り手が代金を受け取って取引が完結します。

ディーラーや買取業者へ売却する場合は車の引き取りも売却先が行ってくれるため、日程を調整して車を渡せば終わりです。

6. 入金

車売却の手続きは、代金を受け取ってすべてが完了します。業者によって支払い方法は異なり、振込みや現金で支払われます。
個人売買の場合は車を引き渡すタイミングで代金を支払うことが多いです。

車を高く売却するための5つの方法

やはり自分が大切に乗ってきた愛車はできるだけ高く売りたいですよね。少しでも高値で売却するために事前にできる方法を5つ紹介します。

1. 整備記録を準備する

整備記録とは故障や修理、車検に関する情報が記載されている書類のことです。

普段あまり手にしない書類ですが、車検時や売却時には重要となる書類の1つ。整備記録があることで標準的な相場価格以上での取引も期待できます。仮に紛失していると査定に悪影響を及ぼす可能性がありますので整備記録は大切に管理しましょう。

2. 車をきれいにする

少しでも高く売る方法の基本として事前に車をきれいにしておくことが挙げられます。買取業者は車を買い取った後、点検や整備、清掃を販売しますが、所有者が事前にきれいにしておいて査定価格が下がることはありません。

また、車体についた傷や凹みはそのままの状態で査定に出すことがおすすめです。
買取業者は修理工場などと提携している場合もあり、個人で修理に出すよりも安く修理できます。加えて自費で行った修理代を上回るほど買取価格が高くなるというケースは少ないため、無理に修理せず買取業者へ渡すのが得策です。

3. 相場価格を知る

所有している車の相場価格を知っておくことで、高値で買い取ってくれる業者を選定できます。相場価格以下で買い叩かれないためにも事前に車の相場価格をリサーチしておくと良いでしょう。

→CarMe車買取なら過去の査定額データを元に買取相場をシミュレーションできます!

4. 交換した純正品を揃えておく

車は純正度が高ければ高いほど高値で売れます。カスタムしている場合は純正部品を保管しておいて業者へ持ち込み、売却時に備えましょう。

5. 複数の業者の買取価格を比較する

少しでも高値で売りたい場合、複数社の業者へ問い合わせて買取価格を比較しましょう。
買取業者によって強化しているメーカーや販路を確保している車種などが異なります。一社だけに査定依頼する場合、他の買取業者よりも安く売却してしまう可能性があるため、高く売却するためには事前の相見積もりが大切です。

車売却前にすべきこと3つ

車を売却する前に事前にやっておくべきことが3つあります。特に個人売買やオークションなど業者を介さない取引の場合は、トラブル回避のためにも忘れずに準備しておきましょう。

1. カーナビ・オーディオの登録データ消去

車載しているカーナビやオーディオに登録していたデータは、車を売る前に削除しておきます。車売却時のマナーとも言えますので、個人的なデータは消去し、可能な限り新車に近い状態へ戻すとよいでしょう。

また、車内の清掃もできる範囲で行い、売却がスムーズに実践するように事前の準備をしておくのが最善です。

2. ドライブレコーダーのデータ消去や取り外し

装備しているドライブレコーダーの履歴を消去し、車を売るための準備をします。

個人的なデータは売却時には不要です。初期化したり消去してから業者へ引き取ってもらうようにしましょう。安全面においても個人情報の漏洩を防ぐため、手放す車に残された所有者の情報はリセットし、売るための手順を踏んでいきます。

3. 収納やポケットへの忘れ物を確認する

売却する前に、車内に個人の所有物が残っていないかの確認をします。ダッシュボードや収納に持ち物が入ったままにせず、個人的な物が一切ない状態にしてから売却に出します。

仮に高価な忘れ物などがある場合、トラブルにもなりかねません。車売却時には洗車をしながら車内の清掃も丹念に行って、きれいな状態に戻してから買取の査定を受けましょう。

車売却は納得いく方法を選ぶことがおすすめ

今回は車を売る際の取引内容や手順などを見てきましたが、不要となった車の売り方は千差万別ですので、自分に合った方法で手続きを進めてみましょう。

ご覧いただいたように、車の売り方には多くの方法があります。少しでも高値で売れて、なおかつ気持ちよく取引が完結する方法がきっと見つかります。車を売る人が自分で納得する方法を選出し、じっくりと検討してから売りに出しましょう。