ホンダS660のαとβ【人気グレードはどっち?】

S660画像0048

先日、ホンダから軽スポーツカーS660が新発売されましたね。

相変わらずこのクルマの売れ行きは良くデビュー時から工場での
生産規模限界となる約1,000台前後をずっとキープしているようです。
そのためまだまだ納期・納車待ちも長いようです。

そんなホンダS660ですが、今回2つのグレード”α(アルファ)”と
“β(ベータ)”を用意しています。

この2つのモデルではどっちが人気が高いのでしょうか?

先日このホンダS660を試乗してきた時にディーラーさんに人気モデルと
販売比率を教えてもらったので、紹介したいと思います。

※2016年9月17日の記事です。

Chapter
ホンダS660の人気グレードは何?
アルファの方が圧倒的に人気が高い理由とは?

ホンダS660の人気グレードは何?

今回新発売されたホンダS660は、”α(アルファ)”と”β(ベータ)”の
2つのモデルが用意されていますが、人気グレード、そして、販売比率は
このようになっていました。

■ホンダS660の人気グレードと販売比率
1位:α(アルファ)
販売比率:約88.6%
2位:β(ベータ)
販売比率:約11.4%

ホンダS660の2つのグレードを比較すると、やはり内装や機能が豪華な
アルファ(α)の方が圧倒的な人気になっています。

アルファの方が圧倒的に人気が高い理由とは?

今回新発売されたホンダS660 α(アルファ)の車体本体価格は、218万円。
そして、β(ベータ)の車体本体価格は198万なので、価格差は20万円。

ただ、この2つのモデルには、エンジンの性能など走破性に違いがありません。
この2つの大きな違いは、装備面。

上位モデルで価格が高いα(アルファ)では、次のような装備が
用意されているため、車体本体価格がβ(ベータ)よりも高くなっています。

・スマートキーのデザイン
・メーターバイザー
・パーキングブレーキ
・エアコンアウトレット
・プッシュエンジンスタート
・スポーツモーとスイッチ
・インナードアハンドル
・ステンレス製スポーツペダル
・シフトレバー
・ステアリングホイール
・シート素材
・サイドターンランプ
・ホイールのデザイン

このようにホンダS660のα(アルファ)とβ(ベータ)の機能の違いを見ると、
かなり違うことがわかりますよね。

せっかくホンダS660を購入するのなら、やはり内外装のデザインが
良い上級モデルを購入したいと思っている人が、多いようです。

私も実際に上位モデルのα(アルファ)を見て、試乗をさせて
もらったのですが、本革のステアリングホイールやステンレス製の
スポーツペダルなどを装備しているα(アルファ)の方がテンションが
上がるなと思いました。

この2つのモデルの価格差の20万円は決して安い金額ではありませんが、
実際にこのホンダS660のα(アルファ)とβ(ベータ)を見比べると、
価格差以上の価値があるように感じました。

ちなみに、ベータ(β)を購入していく方の多くは、購入した
ホンダS660をカスタマイズ派の人のようです。このように自分で
クルマの改良を楽しみたい人は、本体をできるだけ安く購入して、
差額分をカスタマイズ費用に回りたいと思っている人が多いようですよ。

今回新発売されたホンダS660の人気グレードを比較してみたところ、
このようになっていました。

ただ、上位モデルのα(アルファ)とβ(ベータ)では、これ程大きな
差があるとは思っていなかったので、少々意外でした。

この2つモデルは、内装や外装のデザインが全く異なります。
どちらのモデルを購入しようか迷っている方は、どちらのデザインの
方が好みかでグレード選びをすると良いと思いますよ。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ