パッソの視界性。試乗して分かったメリットとデメリット

新型パッソ画像0070

トヨタの人気コンパクトカー新型パッソ(PASSO)がフルモデルチェンジをして
3代目が発売されいましたね。

今回新発売された新型パッソ(PASSO)は柔らかいデザインが特徴の
標準モデルとモーダ(MODA)の2種類が発売されていますが、
乗り心地は走破性は全く一緒。

また、若干気になる事もあったものの、モーダ(MODA)・標準モデルともに
運転席からの視界も全体的にはとても良く、運転がしやすいように感じました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型パッソ(PASSO)の
視界性について徹底的にレビューしてみたいと思います。

※2016年5月6日の記事です。

新型パッソの試乗レビュー:後方視界はどうだった?

また、今回フルモデルチェンジをした新型パッソ(PASSO)の後方視界も概ね良好。

こちらの記事でも書きましたが、今回新発売された新型パッソは
サイドウィンドウが大きく、また、リヤガラス横のCピラーが細めの
デザインになっています。

最近のクルマはサイドウィンドウを小さくしているクルマが多いので、
このクルマのように大きいのは少し珍しいですよね。

そのため斜め後方の視認性が良く、運転がしやすいのが好印象でした。

新型パッソはリヤガラスのデザインがもう一歩・・・

ただ、少し残念だったのは新型パッソ(PASSO)リヤガラスのデザイン。

このクルマのリヤガラスの横幅は十分なサイズがあるのですが、
実際に試乗して気になったのは高さ。

このように後部座席のヘッドレストを高くすると、リヤガラスの大半は
覆い隠されてしまいます。

新型パッソ(PASSO)はボディサイズが小さいので、後方の車体感覚も
掴みやすいのですが、個人的にはもう一回りリヤガラスが大きい方が
運転がしやすいのかなと感じました。

今回フルモデルチェンジをした新型パッソ(PASSO)は、このように
前方・後方視界ともに若干気になる部分はあったものの概ね良いように感じました。

ただ、視界の良さは運転手の身長や今まで運転してきたクルマにも影響します。

もしこれから新型パッソ(PASSO)を試乗される方は、
視界性・視認性に関してもしっかりと確認してみてくださいね。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ