トヨタ パッソの口コミ【購入した友人の感想を紹介】

2016年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのコンパクトカー
新型パッソ(PASSO)ですが、売れ行きはなかなか好調のようですね。

今回モデルチェンジをして発売された新型パッソ(PASSO)は、カジュアルな
標準車とオシャレなモーダ(MODA)の2つのモデルで新発売を用意。

この人気の新型モデルを看護師をしている私の友人Cが購入したので、
走破性や使い勝手良さなど口コミ情報を教えてもらったので、紹介したいと思います。

※2016年9月26日の記事です。

Chapter
新型パッソの購入者の口コミ【購入してよかった点は?】
メリット1:居住性
メリット2:荷室・ラゲッジスペース

新型パッソの購入者の口コミ【購入してよかった点は?】

今回私の友人が購入したのは、新型パッソ(PASSO)の標準モデルの最上位グレード
“X Lパッケージ”を購入。ボディカラーは明るい水色”ファインブルーマイカ
メタリック”を選んだようです。

そして、もうすでにこのクルマが納車されてから1ヶ月以上経っているようですが、
次のような点にが気に入っているようです。

メリット1:居住性

私の友人の新型パッソ(PASSO)のお気に入りのポイントの一つが居住性。

私の友人は以前スズキの軽自動車”ワゴンR(WAGON R)”に乗っていました。

ワゴンRの居住性もなかなか広く気に入っていたようですが、最大で5人
乗車できる新型パッソ(PASSO)の方が、室内空間に余裕があるのがかなり嬉しいようです。

以前乗っていたワゴンRは軽自動車だったの、後部座席に2人座ると、
かなりキツキツ・・・。しかし、今回私の友人が購入した新型パッソ(PASSO)は、
後部座席に2人座っても、横の人ととの距離があるので、窮屈な感じが
全くしないそうです。

また、足元空間の広さもこのように十分。

この広さは、軽自動車には無い新型パッソ(PASSO)の良い部分だと思ったそうです。

また、軽自動車に乗っている仕事場の同僚から「5人乗れるこのクルマの方が
車内が広々としていて良いね。」と言われるのも、かなり嬉しいようですよ。

メリット2:荷室・ラゲッジスペース

私の友人が新型パッソ(PASSO)の購入して良かったと思った事が、荷室・
ラゲッジスペースの広さや使い勝手。

全長が限られているワゴンRでは、後部座席を一番後ろにスライドすると、
ほとんど荷室・ラゲッジスペースの広さが無くなってしまうのが、イヤだったそうです。

仲の友達4人で温泉や買い物に行ったとき、置いた荷物やお土産を
置くスペースに以前はとても困ったそうです。

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型パッソ(PASSO)は、
後部座席に同乗者がいる状態でもしっかりと荷室・ラゲッジスペースの広さを確保。

今回フルモデルチェンジをした新型パッソ(PASSO)の荷室・ラゲッジスペースの
広さは、このようになっています。

コンパクトカーとしては、十分な広さですよね。
また、後部座席を格納する事ができるので、このようにさらに広く
する事も可能です。

先日、仲の良い友達4人でディズニーランドに行ったそうですが、
でっかいダッフィーのぬいぐるみなどいっぱいお土産を購入しても、全然問題なし。
荷物・ラゲッジスペースにたくさんのお土産を置くことができたので、帰り道も
とっても快適だったようです。

長さに制限のある軽自動車では、荷室・ラゲッジスペースの広さに限りが
ありますが、この新型パッソ(PASSO)では、十分な広さの荷室を確保しているのが、
大満足だったみたい。

この使い勝手の良さや収納力の大きさも新型パッソ(PASSO)を購入して
良かったと思った事の一つだったようですよ。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのコンパクトカー
新型パッソ(PASSO)の”X Lパッケージ”を購入した私の友人に色々と話を
聞いたのですが、購入して良かったと思っているそうです。

燃費性能的には以前乗っていたワゴンRに若干及ばないようですが、
パワーや使い勝手が良くなっているので、このクルマに買い換えて良かったと
思っているとの事。

また、新型パッソ(PASSO)の居住性の広さは、軽自動車では味わえない
メリット・魅力の一つかもしれませんね。

もしこれから試乗に行かれる方は、このクルマの居住性や荷室の
使い勝手に注目して確認してみるのも良いかもしれませんね。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ