パッソの視界性。試乗して分かったメリットとデメリット

新型パッソ画像0070

トヨタの人気コンパクトカー新型パッソ(PASSO)がフルモデルチェンジをして
3代目が発売されいましたね。

今回新発売された新型パッソ(PASSO)は柔らかいデザインが特徴の
標準モデルとモーダ(MODA)の2種類が発売されていますが、
乗り心地は走破性は全く一緒。

また、若干気になる事もあったものの、モーダ(MODA)・標準モデルともに
運転席からの視界も全体的にはとても良く、運転がしやすいように感じました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型パッソ(PASSO)の
視界性について徹底的にレビューしてみたいと思います。

※2016年5月6日の記事です。

Chapter
新型パッソの試乗レビュー:前方の視界はどうだった?
新型パッソの前方視界で少し残念だったのはサイドミラー
新型パッソの試乗レビュー:後方視界はどうだった?
新型パッソはリヤガラスのデザインがもう一歩・・・

新型パッソの試乗レビュー:前方の視界はどうだった?

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型パッソの標準モデルの
前方の視界は、このようになっています。

そして、こちらは上級モデルのモーダ(MODA)。

今回新しくなって新発売された新型パッソ(PASSO)の標準モデル・モーダともに
フロントガラスのデザインは大きく、運転がしやすい印象を持ちました。

また、今回新発売された新型パッソ(PASSO)で特に良いと思ったのは、
フロントガラスを支えているAピラーのデザイン。

このクルマのAピラーは、根元がギリギリまで手前側(フロントシート側)に
設置されています。そのためこのクルマのAピラーの太さは標準的なものの、
運転中、このAピラーの存在が全く気になりませんでした。

この運転中視界・視線を遮らない新型パッソ(PASSO)のAピラーのデザインは、
とても好印象でした。

新型パッソの前方視界で少し残念だったのはサイドミラー

このようにAピラーの位置を工夫する事によって、視界の良さや
運転のしやすさを確保しているトヨタの小型車新型パッソ(PASSO)ですが、
少し残念だったのはサイドミラーのデザイン。

今回新発売された新型パッソ(PASSO)のサイドミラーはAピラーの付け根に
装備されております。

そのため、Aピラーの付け根はこのようにブラックパネルで補強されており
若干死角が多いデザインに・・・。

私が試乗をしていて特に気になったのは、左側の視界。
運転席から左側のAピラー付近を見ると、このようなデザインに・・・。

Aピラーとブラック塗装されたパネル、そして、サイドミラーがすべて重なり
少し死角が大きめに・・・。

実際に私は新型パッソ(PASSO)を試乗している際、大きい横断歩道を
横切って左折する場面があったのですが、歩行者が死角に入ってしまい
少々恐い思いをしました。

最近のクルマではサイドミラーは新型パッソ(PASSO)のようにAピラーの
付け根にサイドミラーがくっつているのではなく、ドアのパネルに
装備されているデザインも増えています。

ちなみに、こちらは同じトヨタから発売されているステーションワゴンの
カローラーフィールダーですが、サイドミラーはこのようにドアパネルから
ニョキっと出ています。

今回新発売された新型パッソ(PASSO)もこのようなデザインにして貰いたかったです。

ただ、この欠点デメリットを差し引いても今回新発売された
新型パッソ(PASSO)の前方視界はとても良く、運転はしやすかったです。

<次のページに続く>
次ページ
新型パッソの試乗レビュー:後方視界はどうだった?

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ