パッソのドリンクホルダー。使い勝手が良い3つの理由とは?

新型パッソ画像0198

トヨタの最小コンパクトカー新型パッソ(PASSO)がフルモデルチェンジをして、
新発売されましたね。

今回新発売された新型パッソの内装・インテリアは先代モデルと異なり、
かなりスタイリッシュで使い勝手が良いデザインに変更。
とてもスッキリとしたデザインになっているように感じました。

またこの新型パッソ(PASSO)で良いと思ったのが、ドリンクホルダー。
数は十分とは言えませんでしたが、使い勝手はとても良いと思いました。

この新型パッソ(PASSO)に採用されているドリンクホルダーの使い勝手が
良いと思った3つの理由を紹介したいと思います。

※2016年6月8日の記事です。

理由2:新型パッソの掃除がしやすい

また、新型パッソ(PASSO)のドリンクホルダーのメリットの一つは、
掃除やお手入れがしやすいこと。

今回新発売されたこのクルマのドリンクホルダーは開閉式なので、
ゴミやホコリが溜まりにくいデザインになっています。

このようなボックス型のドリンクホルダーだと中にゴミがチリが
溜まりやすいんですよね。また、意外と深さがあるので掃除をするのが意外と大変・・・。

しかし、今回新発売された新型パッソ(PASSO)は開閉式なので、
ゴミが溜まる心配は全くなし。

また、このようにボックスタイプではなく、バー型なので、
掃除をする際も水で濡らした雑巾やタオルでサッと拭くだけで綺麗に・・・

このお手入れのカンタンさは新型パッソ(PASSO)のドリンクバーの
良いところなのかなと思いました。

理由3:運転中に使いやすい

また、新型パッソ(PASSO)のドリンクホルダーの良いところは、
飲み物の出し入れがしやすいこと。

競合車・ライバル車の一つでもある新型イグニスでは、このように
センターコンソールにドリンクホルダーを装備されています。

最近はこのようにセンターコンソールにドリンクホルダーが
装備されているクルマも増えてきました。

ただ、このようにセンターコンソールに装備されているドリンクホルダーに
置いた飲み物を出し入れする際は、視線を下に落とさないといけないんですよね。

しかし、新型パッソ(PASSO)のようにインパネにドリンクホルダーが
装備されている場合は、視線をわざわざ下に落とす必要は無し。

安全に運転するためには、これは重要なポイントですよね。

運転をしながらでもサッと飲み物を置いたり取ったりできるのは、
メリットが大きいと思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型パッソ(PASSO)の
ドリンクホルダーは、このようなデザインになっていました。

個人的には競合車の新型イグニスやキャストよりも新型パッソの方が
ドリンクホルダーは使いやすいように感じました。

もしこれからこのクルマを試乗する際は、ドリンクホルダーの
デザインや使い勝手もぜひとも確認してみてくださいね。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ