ハスラー特別仕様車Jスタイル2とJスタイル 内装の違いを画像で比較

ハスラー画像0091

東京モーターショー2015で参考出品としてハスラー(Hstler)の
特別仕様車Jスタイル2(J-Style2)が出展されていました。

しかも、このハスラー Jスタイル2(Hustler J-Style2)ですが、
ほぼこのモデルのまま発売される事が決定しているみたいですね。

そんなハスラー(Hustler)ですが、新たらしいインパネのカラーが登場したり、
また、シートのデザインが変更されたりと現在発売されれている
Jスタイルと内装・インテリアが全く異なります。

そんなハスラー(Hustler)の特別仕様車Jスタイル2と先代モデルとなる
Jスタイル1の内装・インテリアの違いを紹介したいと思います。

※2015年11月16日の記事です。

違い3:シートのデザイン

また、今度発売が噂されるハスラー Jスタイル2(Hustler J-Style2)と
現行モデルのJスタイル2では、シートのデザインが全く異なります。

現行モデルと特別仕様車Jスタイル2のシートはそれぞれこのような
デザインになっています。

■Jスタイル2

■現行モデル

良くも悪くも今まで発売されていたモデルの方がカジュアルで
ハスラー(Hustler)らしい遊び心のあるデザインになっていますね。

一方、今回新発売される特別仕様車Jスタイル2(J-Style2)のシートは、
今までとまったく雰囲気の異なるシートを採用。

ファブリックと合成レザーのコンビシートを採用しており、
従来のハスラーのイメージとは少しかけ離れたデザインになっていました。

また、見た目はハスラーっぽさは少し無くなった印象のあるこのブラック調の
コンビシートですが、座り心地は良くなったように感じました。

このようにエクステリアだけでは無く、内装・インテリアも大幅に変更した
特別仕様車Jスタイル2(J-Style2)ですが、現在発売されているJスタイル1よりも
スタイリッシュなデザインになっているように感じました。

Sエネチャージを登載したターボ車モデルも登場するようですし、
ハスラー(Hustler)に注目ですね。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ