ハスラーJスタイル2 旧型モデルとの3つの違い&変更点とは?

ハスラー画像0084

東京モーターショー2015で軽SUVのハスラー(Hustler)の特別仕様車
Jスタイル2(J-Style2)が出展されていました。

このハスラー Jスタイル2(Hustler J-STYLE2)は、今度発売されるモデル
という事もあり多くのお客さんが注目をしてみていました。

また、今回発売されるハスラー Jスタイル2(Hustler J-STYLE2)は、
エクステリア・外装が今までのモデルよりもワイルドに変更!

雰囲気が全く異なっていました。

そんなハスラー(Hustler)の特別仕様車Jスタイル2(J-Style2)と
今まで発売されていたJスタイルの大きな3つの違い・変更点を紹介します。

※2016年1月4日の記事です。

Chapter
違い1:フロントグリルのデザイン
違い2:ドアハンドルのデザイン
違い3:ホイールのデザイン

違い1:フロントグリルのデザイン

ハスラー(Hustler)のJスタイル2(J-Style2)と現在発売されいてるJスタイルを
比較して気が付く、大きな違いの一つがフロントグリルのデザイン。

今度新発売が噂されるハスラー Jスタイル2(Hustler J-STYLE2)と既存の
Jスタイルの正面からのデザイン&フロントグリルのデザインは、このように
なっています。

こちらが東京モーターショー2015に出展してあったJスタイル2(J-Style2)。

そして、こちらが現在発売されているハスラーの特別仕様車Jスタイルの
フロントマスクとフロントグリル。

フロントマスクの押し出し感が全く違いますよね。
この2つのモデルの大きな違いの一つは、フロントグリルのデザイン。

今度発売されるハスラー Jスタイル2(Hustler J-STYLE2)では、台形の形をした
4本の太めのグリルバーを採用。

フロントマスクにかなりインパクトがありますよね。
私は東京モーターショー2015でこのハスラー(Hustler)を見た瞬間、
雰囲気が違うな~っとスグに気が付くほど・・・。

一方、現在発売されているハスラー(Hustler)のフロントグリルは
メッシュ状になっているため、比較的柔らかい雰囲気に・・・。

このように見比べると、迫力が全く違います!

好みは人それぞれ別れますが、今度発売される特別仕様車のJスタイル2は
既存のモデルと雰囲気が全く異なり、新鮮に感じました。

違い2:ドアハンドルのデザイン

またハスラー Jスタイル2(Hustler J-STYLE2)ともうすでに発売されている
Jスタイルの違いの一つがドアハンドルのデザイン。

この違いが横からの姿を見れば一目瞭然。

特別仕様車Jスタイル2(J-Style2)の横からのデザインは、このようになっています。

一方、こちらが既存のJスタイルの横からのデザイン。

ドアノブのデザインが全く異なるのがスグにわかりますよね。

今回新発売されるJスタイル2(J-Style2)では、このようにメッキ調の
ドアハンドルを採用。

メッキ調のドアノブがサイドからのデザインのアクセントになっていて
高級感があって良かったです。

また、アルミホイールのデザインともマッチしていて、特別仕様車
Jスタイル2の方が精悍な印象を持ちました。

一方、もうすでに発売されている特別仕様車Jスタイルのドアノブは、
ボディと同じカラーのドアノブに・・・。

なので、ハスラー Jスタイル2(Hustler J-STYLE2)の横からのデザインと比べると、
ちょっとインパクトに欠けるデザインに感じました。

個人的には見た目の精悍さがアップした特別仕様車Jスタイル2(J-Style2)の
デザインの方が良いように感じました。

ちなみに、ドアの開け閉めをした感じは全く同じ・・。
ドアを閉めると軽自動車らしい”パフンッ”と言う音がします。

個人的にはもう少し重厚感のある音の方が良いかなと思いました。

この軽いドアの閉める時の音は昔から欠点だと思っていたのですが、
改善されていなくて少し残念でした。

<次のページに続く>
次ページ
違い3:ホイールのデザイン

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ