タイヤの違いを徹底比較!?ホンダ ヴェゼルRSとハイブリッドZ

ヴェゼルRS(VEZEL RS)を先日試乗してきたのですが、他のグレードよりも剛性感がある乗り心地となっており、好印象でした。この剛性感のある乗り心地を生み出しているのがヴェゼルRS(VEZEL RS)に搭載されている専用タイヤ。そして、このRSと人気グレードの”ハイブリッドZ”ではタイヤサイズやホイールのデザインなどまったく異なっていました。

そんなヴェゼルRSとハイブリッドZのタイヤサイズやホイールデザイン、また、搭載しているタイヤのメーカーやブランドなど比べてみたので紹介したいと思います。

2016/7/28

Chapter
比較1:ヴェゼルRSとハイブリッドZのタイヤデザイン
比較2:ヴェゼルRSとハイブリッドZのタイヤサイズ
比較3:ヴェゼルRSとハイブリッドZのタイヤメーカー
ホンダ ヴェゼル

比較1:ヴェゼルRSとハイブリッドZのタイヤデザイン

ホンダ ヴェゼルRS(VEZEL RS)のタイヤ&ホイールは、このようなデザインになっています。

ホンダ ヴェゼル
ホンダ ヴェゼル

このクルマのホイールデザインはRS専用。切削加工&ブラック塗装されており、オシャレなデザインになっていますね。

また、採用されたホンダ ヴェゼルRS(VEZEL RS)のホイールのデザインは、風車の羽が回っているようなデザインになっているのが特徴。光沢感もあり艶やかなクリスタルブラックのホイールアーチプロテクターのデザインとも相まって、ハイブリッドZなどヴェゼルの他のグレードよりもスポーティーでワイルドなデザインになっているように感じました。

ホンダ ヴェゼル

ハイブリッドZのホイールは細めのスポークが特徴

一方、ヴェゼル/べゼル(VEZEL)のハイブリッドZのタイヤ&ホイールデザインは、このようになっています。

ホンダ ヴェゼル
ホンダ ヴェゼル

RSのデザインとは異なりますが、ハイブリッドZのホイールもオシャレですよね。

このハイブリッドZのホイールもRSと同様のブラック塗装と細身のスポークが印象的なデザインを採用。

SUVらしいゴツゴツとした印象のあるホイールと言うよりもヴェゼルのコンセプトでもある”普段使い・街乗り”を意識したようなスタイリッシュなデザインのホイールになっているように感じました。

ヴェゼルハイブリッドZのホイールはハスラーにソックリ!?

また、ホンダ ヴェゼル/べゼル(VEZEL)のホイールを見て、「スズキから発売されているハスラー(Hustler)のホイールのデザインにに似ているな~」と、思いました。ちなみに、こちらがスズキの人気SUVハスラー(Hustler)のホイールデザイン。

ホンダ ヴェゼル
ホンダ ヴェゼル

中央部分がブラックと塗装された5本の細身のスポークを採用しているところなど共通点が多いですよね。

このようなデザインのホイールは最近のトレンドなんでしょうか?ヴェゼル/べゼル(VEZEL)のハイブリッドZのホイールを先日改めて見た時、ハスラーっぽいな~っと思ってしまいました。

比較2:ヴェゼルRSとハイブリッドZのタイヤサイズ

また、ヴェゼルRS(VEZEL RS)とハイブリッドZでは、タイヤサイズも異なります。

ホンダ ヴェゼル

そして、それぞれのタイヤサイズはこのようになっています。

■ヴェゼルRSとハイブリッドZのタイヤサイズ
ヴェゼルRS   :225/50R18
ハイブリッドZ:215/55R17

新モデルとして追加されたヴェゼルRSの方がタイヤ&ホイールサイズが1インチ大きくなっています。また、そのため扁平率も若干薄めに・・・。実際にヴェゼルRS(VEZEL RS)とハイブリッドZを横から見ると、このような感じに。

■ヴェゼルRS

ホンダ ヴェゼル

■ハイブリッドZ

ホンダ ヴェゼル

やはり、ハイブリッドZと比較すると、ヴェゼルRS(VEZEL RS)の方がタイヤが薄くなっているのが分かりますね。また。実際にこの2台のクルマを見比べてみても、RSの方がスポーティーなデザインになっているように感じました。

比較3:ヴェゼルRSとハイブリッドZのタイヤメーカー

このようにタイヤサイズが異なるヴェゼルRSとハイブリッドZですが、装備されているタイヤメーカーも異なります。

ホンダ ヴェゼル

RSとハイブリッドZに装備されている装備されているタイヤメーカー&
ブランドはそれぞれこのようになっていました。

■ヴェゼルRSとハイブリッドZのタイヤメーカー&ブランド
ヴェゼルRS   :ダンロップ エナセーブEC503 (ENASAVE)
ハイブリッドZ:ダンロップ SPスポーツマックス050 (SP SPORT MAXX)

ヴェゼルRS(VEZEL RS)はスポーツモデルにも関わらず、装備されているタイヤは低燃費タイヤ。一方、ハイブリッドZは燃費効率を意識するクルマにも関わらず、グリップ力の良いスポーツタイヤを装備。

個人的には「ヴェゼルRS(VEZEL RS)とハイブリッドZに装備されているタイヤを逆にしても良かったのかな」と、思いました。

運転をするとタイヤの違いは実感できる!?

また、実際にヴェゼルRS(VEZEL RS)とハイブリッドZを試乗してみると、タイヤの違いを実感できるような乗り心地になっていました。ヴェゼルRSでは専用のセッティングを施されたパフォーマンスダンパーなどを装備しているため、全体的にハイブリッドZよりも引き締まった硬めの乗り心地になっています。

ホンダ ヴェゼル

しかし、ブレーキペダルを踏んで、クルマが止まる時のグリップ力・挙動に感じてはRSよりも”SPスポーツマックス”を装備しているハイブリッドZの方が圧倒的に良いように感じました。

ヴェゼル/べゼル(VEZEL)のハイブリッドZはタイヤが地面をシッカリと掴んで、その場でグッと留まる感じ。一方、低燃費タイヤはブレーキを踏んでも、惰性で少し前に進んでから止る感じ。

クルマに詳しくない素人の私でも気が付くくらいヴェゼルRS(VEZEL RS)とハイブリッドZのタイヤのグリップ力は、異なっていました。

ヴェゼルRS(VEZEL RS)に乗って山道のワインディングロードをキビキビと運転したい方にとっては、標準装備されている低燃費タイヤでは少し満足できないのかなと思いました。

実際にRSを試乗してみて、個人的にはやはりスポーツ性能にこだわりを持ったRSには、スポーツタイヤを装備して貰いたかったなと思いました。ちなみに、エナセーブEC503を標準装備したヴェゼルRS(VEZEL RS)の試乗の感想の詳細を知りたい方は、コチラの記事を参考にしてみてくださいね。

ホンダ ヴェゼル

ヴェゼルRS(VEZEL RS)と人気グレード”ハイブリッドZ”のタイヤ&ホイールの比較してみたら、このようにホイールのデザインやサイズ、タイヤブランドなどすべてにおいて違いがありました。

個人的にはヴェゼルRS(VEZEL RS)の他のグレードよりもひとまわり大きくなったタイヤサイズや、スポーティーさが増したホイールのデザインには大満足でした。

ただ唯一気になったのは、RSに装備されているタイヤが低燃費タイヤという事。個人的にはやはりRSにはスポーツタイヤを装備して貰いたかったです。

画像 試乗 画像 試乗レビュー速報