ヴェゼルRSガソリンの内装レビュー。Xグレードよりもオシャレ!?

ホンダ ヴェゼル

今回このクルマのRSグレードではハイブリッド車とガソリン車の2つのモデルが発売されていますが、先日近所のディーラーにヴェゼルRSのガソリン車が配車され、ようやく見ることができました。追加されたヴェゼルRS(VEZEL RS)を改めてみたのですが、やはり内装・インテリアはオシャレ!以前他のディーラーで見たガソリン車のXグレードの内装・インテリアとは全く異なった印象を持ちました。このRSのガソリン車を見て特に良いと思ったのは、センターコンソールのデザイン!そんなホンダ ヴェゼルRS(VEZEL RS)のガソリン車の内装・インテリアの様子をガソリン車の人気グレードのXグレードと比較しながら紹介したいと思います。

2018/1/30

ヴェゼルRSガソリンの内装:センターコンソール編

また、ヴェゼルRS(VEZEL RS) ガソリン車を見て良いと思ったのは、センターコンソールの部分のデザイン。

以前見たガソリン車のXグレードのセンターコンソールは、このようにプラスチック素材を使用。

なので、高級感も無くちょっとシンプルな雰囲気に・・・。私も以前ガソリン車のXグレードをみた時、このセンターコンソールのシンプルさにはすこしガッカリしました。

しかし、ヴェゼルRS(VEZEL RS)のセンターコンソールでは、ガソリン車で唯一ピアノブラック調のパネルを採用。

このピアノブラック調のパネルを採用したRSのセンターコンソールは、このようなデザインになっています。

やはりピアノブラック調のパネルの方が良いですよね。

サイドの部分にウルトラスエードが使用されている事もあると思いますが、
実際に見てみるとホンダ ヴェゼルRS(VEZEL RS)とガソリンのXグレードの
センターコンソールの雰囲気はまったく異なりました。

何よりもRSのセンターコンソールは安っぽさが無いのが良かったです。
また、スタイリッシュなヴェゼル/べゼルには、やはりピアノブラック調の
パネルの方があっているように感じました。

個人的にはピアノブラック調を採用しているRSのセンターコンソールの方が
断然良いと思いました。

ちなみに、ガソリン車のXグレードでもディーラーさんにお願いすれば、
ピアノブラック調のパネルに有料で変更してくれるみたいですよ。

詳しい金額は教えて貰えなかったのですが、センターコンソールのパネルを
プラスチックからピアノブラック調の素材に変更する際の料金は
5000円ちょっとのようです。

もしXグレードのセンターコンソールのデザインに満足できなかったら
お願いしてみるのも良い方法かもしれませんね。

ヴェゼルRSのシフトレバーの素材も異なる

また、今回マイナーチェンジをしたヴェゼルRS(VEZEL RS)とガソリン車のXグレードでは、シフトレバーの素材も異なります。

RSのシフトレバーは、高級感のかる本革巻きのシフトレバーを採用。

一方ガソリン車のXグレードは、シボ加工されたソフトパットを採用。

遠めで見た感じはそれ程変わりませんが、実際にこのシフトレバーに触れると素材の違いをハッキリと感じます。

ソフトパットはやはりプラスチックならではの冷たい触り心地。一方、ヴェゼルRS(VEZEL RS)のシフトレバーを握ると本革ならではの手にピッタリとフィットする感じが・・・。

シフトレバーの根元の部分のレザー部分(シフトブーツ)にアクセントカラーのホワイトやレッドを入れてもすこし差別化を図ってもらいたかったですが、ガソリン車のXグレードとは異なるRSのシフトレバーのグリップ感は好印象でした。

ヴェゼルRS(VEZEL RS)の内装・インパネは、このようなデザインになっており、ガソリン車のXグレードとは全く違うデザインになっていました。

特に良いと思ったのは、ピアノブラック調のパネルになったセンターコンソール。ガソリン車の他のグレードでは欠点と言われていたセンターコンソールの質感が改善されていたのが、好印象でした。ディーラーさんの話によると、ヴェゼルRS(VEZEL RS)の内装・インテリアが気に入り購入して行くお客さんもいるようです。

ヴェゼルRSは専用のデザインになっているので、もしこれから試乗をされる方は、内装・インテリアのデザインもしっかりと確認してみてくださいね。ホンダ ヴェゼルRSのハイブリッド車とガソリン車では基本的なデザインは同じですが、シフトレバーやセンターコンソールのデザインに違いが・・・。

RSのハイブリッド車の内装・インパネもガソリン車と同様にスタイリッシュなデザインが好評のようですよ。